光と風のなかへ & 追憶の鉄路

光と風のなかへ まこべえワールドにようこそ



カメラ 鉄道 旅
まこべえワールドにようこそ

このブログは 「写真ブログ~光と風のなかへ」をメインに
青春の記録「追憶の鉄路~すばらしき蒸気機関車」を加えた記事から構成されています

スパム対策のため 「link」の文字などを書き込み禁止の用語に設定しています

このブログはリンクフリーです
雑誌などへの写真掲載に関しては コメント欄から申請してください
「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをいれればコメントは非公開になります
*Please do not use or copy my photo without my permission*


1937年7月の日中戦争から 1945年8月の敗戦まで
戦没者の44%を占めるのは 21歳から25歳までの若者たち
これに20歳以下と26~30歳を加えると 80%を越える
戦争で死ぬのは どこの国でも いつの時代も 若者だ
支配者は いつも若者を戦わせて 自分は戦場に行かない
だから「安心」して危険なことでも決められる
気が付いた時は 戦争のなかにいる
それではもう遅いのだ


まず、総理から前線へ

『広告批評』38号  1982年6月号
コピー糸井重里 デザイン浅葉克己
http://amano.blog.so-net.ne.jp/2008-01-14


Artist Khaled Akil imagines Pokémon Go in ravaged Syria

Artist Khaled Akil imagines Pokémon Go in ravaged Syria
世界にはポケモンGoよりも 平和を求めている子供たちがたくさんいる


パラリンピック それは生きる力だ
http://sports.nhk.or.jp/paralympic/index.html

  1. 2018/01/01(月) 00:00:00|
  2. ごあいさつ

リーグ戦






先週からはじまった秋のリーグ戦

第1週目は 男子・女子ともに手堅く勝利

第2週目も 男女ともに勝利したが

男子は薄氷を踏みながらの戦い

いまだ本来の力が出ていない




リーグ戦第1週目




来月まで続く長丁場

いま一度 射形を修正し

一射一射を大切にして

優勝めざして頑張ってほしい




リーグ戦第2週目




追 記

辻沙絵への応援と拍手 ありがとうございました
これからも声援 よろしくお願いいたします




Panasonic GX8
2016.9.11~18.撮影

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/19(月) 02:43:30|
  2. 弓道
  3. | コメント:2

7.8万人






7.8万人

身体に障害をもつ18歳未満の子供たちの数だ

『平成28年版 障害者白書』(内閣府 )より

同じ年齢での人口比で見ると

0~9歳が1000人に対して3.2人

10~19歳が1000人に対し4.4人となる

『平成25年版 障害者白書』(内閣府 )より

これに知的障害者19.5万人 精神障害者26.9万人を加えると

未成年者の合計数は 54.2万人を越える

これを多いとみるか 少ないとみるか

その評価は人によって異なるだろうが

これだけの数の子供たちが障害をもちながら 生きている

パラリンピック銅メダリストの辻沙絵も 生まれたときから右肘の先がない

しかし小学生のときにハンドボールと出会って

片手キャッチの練習を積み重ね 高校・大学は強豪校

そのなかで健常者と一緒に活躍するトップアスリートにまで成長した

抜群の身体能力を持ち 健常者とかわらない思いからか

夏になれば ふつうに半袖を着て学校に行く

そんなふつうの女の子に成長できたのも スポーツと出会ったからだ

パラリンピックでの活躍は 障害をもつたくさんの子供たちに

勇気と生きる力を与えたことだろう

最後のレースとなった200m決勝は 7位と不本意な成績に終わったが

それでも堂々のメダリストだ ホントによくやった お疲れさま


今年はNHKもパラリンピックをライブで配信し 時代も少しずつかわってきた

とはいえ オリンピックとくらべると まだまだ関心度は低いようだ

昨日の沙絵の記事も 一日たっても 拍手はたった1人だけ

真田丸の記事にすら8人ものかたが拍手をされているというのに この落差

パラリンピック 国民の間ではさほど盛り上がっていないのかな




  1. 2016/09/17(土) 02:25:28|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

輝いているのは きみだ!






大好きだったハンドボールをあきらめて

一緒に戦ってきた仲間たちともわかれて

団体競技から 個人種目へ

まったく未知の世界に飛び込んだ彼女

悩み苦しんだ日々もあったが

厳しい練習にも耐え よくぞここまで頑張った

すごいぞ 沙絵! 目標としていたメダル獲得だ! 

「ラストの100mをしっかり見て欲しい」という言葉通り

最後の走り 素晴らしかったよ

重圧のなかで ホントによくやった!




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




最高の笑顔 最高の涙

応援しているこちらまで泣けてしまった

http://sports.nhk.or.jp/paralympic/video/element/video=32396.html

パラリンピックは輝いている場所だとインタビューに答えていたが

一番輝いているのは 沙絵だ




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




ただ 沙絵の目標は リオではない

障害の有無など関係なしに みんなでレースを競うことだ

そのためにも フォームやレース感覚などをさらに磨きあげ

東京では メダルの色をかえてほしい




辻沙絵 パラリンピック2016 400m 銅メダル




これからも ずっとずっと 応援していくよ


2016.9.15.
写真は NHKリオデジャネイロ パラリンピック2016の映像より転載

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/15(木) 21:10:48|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:4

真田丸 03






真田丸の跡地だと伝えられてきた三光神社

誤伝とは言え 真田信繁ゆかりの地ということで立派な銅像もある

足もとには 大きく「真田幸村公之像」と刻まれているが

この「幸村」の名前 軍記物の主人公につけられた架空の名前であって

実在した「信繁」の名前そのものではない もちろん改名もしていない

事実 当時の署名はすべて「信繁」とあって 「幸村」は一点もない

このことは研究者の間では常識化していたが 社会には浸透しなかった

しかし 今年の大河ドラマ「真田丸」が「信繁」を採用したことで

ようやく本来の名前が知られるようになった

史実とはほど遠い脚本で有名な大河が 誤伝を正した初めての事例だろう

時代考証を担当している二人の後輩 黒田基樹と平山優の功績か




三光神社




しかし 信繁の名前が広まると 今後 こうした像の名前はどうするのだろう

さらに言えば 横に書かれる「真田石」って何だろう そんな石材 あるのか





Nikon
大阪 三光神社
2016.8.30.撮影


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/14(水) 23:11:17|
  2. 旅日記 大阪府
  3. | コメント:2

真田丸 02






地下鉄の玉造駅から5分ほど歩くと

三光神社が鎮座する丘が見えてくる




三光神社




階段を登ると 「真田丸」の幟旗

ここが大坂陣のとき 真田信繁が楯籠もった

真田丸の跡地だと伝えられてきたことによるものだ




三光神社




今年は大河ドラマの舞台だけあって 「真田丸」で萌えている




三光神社




拝殿近くでも ここが「幸村決戦の地」だと訴えている




三光神社




ただし この場所 「真田丸」そのものではない

真田丸は ここから200mほど西側だ




三光神社




だからといって 間違いか、といえばそうも言えない

真田丸には東側に柵で囲まれた外郭が設けられていたが

三光神社周辺の丘は その外郭にあたると見られるからだ

当然 このあたりでも激しい戦いもあっただろう

とはいえ 真田グッズまで販売して さすが大阪 商魂はたくましい




三光神社




しかし 真田の幟旗が1000円とは 高いなあ

しかも 六文銭や「勝」の文字なども描かれている

真田と言えば「六文銭」が有名だが 旗印にはしていない

大将のいる場所に掲げられた旗印は「黒四方」だった

真田丸を攻めた前田の記録(「大坂真田丸加賀衆挿ル様子」)にも

真田丸の正面に方形をした大きな黒い旗が描かれている

また信繁の部隊が指した旗は 赤いしない旗だ

前田の記録に「あかね(茜)の長のほり(幟)」

『長沢聞書』にも「家中指物は赤き一本しない」とある

飾りとしては六文銭デザインのほうが格好いいが 1000円はなあ




三光神社




もっとも恵林寺の宝物館で買った

風林火山の武田軍旗も 1000円だったな




Nikon
大阪 三光神社
2016.8.30.撮影

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/12(月) 21:59:23|
  2. 旅日記 大阪府
  3. | コメント:0
次のページ