光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 悔し涙の塩狩峠






夜更けすぎに 雨は雪へとかわるらしい

寒いわけだ カバンを持つ手がかじかむ

吹雪のなかでも 線路端で立ち尽くせた10代の頃とは

さすがに耐寒性能が大きくダウンしている


もっともあの頃も 寒さのなかうちひしがれたことがあった

あれは酷寒の土地 宗谷本線 塩狩峠での出来事

ドラフトが聞こえ いよいよ来るぞ と待ち構えていたところ

どうもおかしい エンジンらしき音も聞こえてくる


もしや と思った不安が的中 カーブから姿をあらわしたのは

赤いディーゼルのデデゴイチたった ヤツが前についてきたのだ!




蒸気機関車 宗谷本線




このときのショックは 蒸気を追いかけていた仲間ならわかるだろう

夏場ならともかく 真冬の塩狩峠でのことだ

カーブから姿が見えたら 135ミリで狙う予定が いっきに萎えた

それでもモノクロを入れた もう一台のサブカメラで撮影を続ける

しかし シャッターを押す気力はすでに失せていた

小刻みに親指を回転させる 得意の連写もしていない




蒸気機関車 宗谷本線




このとき 赤い機関車の後ろにいる本務機は C55だった

彼を狙うために 雪のなかをずっと待ち続けていたのだ




蒸気機関車 宗谷本線




しかし ショックは これで終わらなかった

眼の前を通り過ぎる機関車を見て 思わず声をあげた!

なんと 会うことを楽しみにしていた トップナンバーではないか

慌てて機関車を追いかけるように 135ミリを向けた

ピントをあわせる余裕もなく 構図なんか考えていない

とにかく ナンバープレートだけは撮っておきたい ただそれだけだった




蒸気機関車 宗谷本線




汽車が去ったあとは悲惨だった いっきに寒さが襲ってきた

駅に戻る足取りは重く そこに機材の重さが加わる

44年もむかしのことなのに いまだに忘れられない

そのためだろう 我が家の機関車コレクション

いまだにデデゴイチだけは 入線していない 




minolta
宗谷本線 塩狩峠
1971年(昭和46)1月6日.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/30(土) 00:09:23|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:8

追憶の鉄路 遠賀川をわたるC55






筑豊本線の筑前柿生の北側に流れる遠賀川

そこにはかつて3本の橋梁がかかっていた

下り線の橋梁 上り線の橋梁

さらにその間にもう一本

上下兼用の橋梁がかかっていたのだ


それほど列車本数が多かった

運ばれたものは 筑豊の石炭

戦前はひっきりなしに貨物列車が行き来していたのだろう


戦後 石炭需要が減る中で上下兼用線は廃止されたが

60年代には まだその姿が残っていた




蒸気機関車 筑豊本線




C55が牽引する旅客列車が渡るのが下り線

その左隣に見える橋梁が上下兼用線だ

その奥に上り線の橋梁が見える

上り線はトラス橋ではなく単純な桁橋だった


その後まもなく 上下兼用線は撤去され

上り線も 新上り線に付け替えられたが

下り線の橋梁は 緑色に塗り替えられて いまも現存する

ただし 走っているのは 電車だ



C55 51
筑豊本線 筑前柿生~中間
1969年(昭和44)8月
MINOLTA35Ⅱ+ 50ミリ F2.8
フジカラーN100




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/06/17(日) 00:04:33|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:0

追憶の鉄路 冷水峠のC55






ぎらつく南国の太陽のもと

夢中で蒸気を追いかけた中学・高校時代

あのパワーはどこにいったのか

8月12日の都心の最高気温 35.1℃

いつまで続く この猛暑




蒸気機関車 筑豊本線



筑豊本線 冷水峠を下るC55
1969年(昭和44)8月
Minolta35MODELⅡ





追 記

門デフに詳しい蒸気仲間の枯れ鉄さんから 46号機ではないかとのご教示を得た

改めて写真を拡大してみると 通常より幅広のK-7をつけ ステーの角度も鋭角だ

側面写真なのでリンゲルマン煙濃度計の位置はわからないが テンダには石炭囲いが設置されている

こうした点から枯れ鉄さんのご指摘のように このカマは若松機関区の46号機とみて間違いないだろう

参考のため 拡大した写真をアップする



蒸気機関車 筑豊本線



撮影機材はオールドレンズ そのうえ逆光 さらに品質の悪い国産フィルム そして中学生の腕

そんな悪条件が重なったネガの暗部をデジタル処理で持ち上げたものだから 画像はたいへん悪い

それでも 46号機の幅広のデフや鋭角のステーなど その特徴は読み取れるだろう

しかもよく見ると当時はランボードだけではなく デフのステーにまで白線をいれている

ちなみに46号機は 撮影から2年後の71年9月29日に休車となり 12月6日に廃車となった 

だが運良く大分市の若草公園に保存され いまもこの地で休眠している

ただ諸般の事情によって 53号機のプレートをつけて保存されているところが残念なところ

いろいろ事情はあるようだが いつかは46号機に戻してあげたいものだ

枯れ鉄さん ご教示 ありがとうございました




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/13(土) 00:29:15|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:2

追憶の鉄路 筑豊のC55





蒸気仲間の枯れ鉄さん

なでしこジャパンの快進撃を祝って日の丸を振っていたので

ぼくも優勝を願って思いっきり日の丸を振ってみました

機関車 ど真ん中の日の丸写真!




蒸気機関車 筑豊本線




中学2年生の夏休み

ぼくは蒸気を追いかけながら

九州各地を一人で放浪していた



C55 3
筑豊本線 中間付近
1969年(昭和44)8月
Minolta35Ⅱ + 50㎜f2.0


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/15(金) 01:41:00|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:6

追憶の鉄路 夏の汽車通勤






汽車に乗って通勤通学

蒸気を追いかけていた頃の僕には

羨ましい光景だが

冷房なんかなかった時代

洋服を煤で汚す蒸気機関車は

女性には嫌われていたのではないかな




蒸気機関車 筑豊本線




しかしこの写真 いま見返すと

右奥のセーラー服の女の子に

ピントがあっている 


C55 52
筑豊本線 筑前山家
1970年(昭和45)8月


今週は激務が続くためコメント欄を閉じさせていただきます
更新だけはできるだけ続けていこうと思いますので
クリックでの応援 よろしくお願いいたします


「追憶の鉄路」は 中学1年から大学1年まで 夢中で追いかけた蒸気機関車の記録です
古い写真のなかには拙いものもありますが 時代の記録としてご覧ください
なお画像の無断転載はご遠慮ください


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ 日本ブログ村ランキングに参加しています
お手数をおかけしますが 上記「SL」(蒸気機関車)のマークのクリックをよろしくお願いいたします
みなさまのクリックの数が蒸気写真を日々更新する励みになります
また いつもクリックしてくださるかた ありがとうございます
今後ともよろしくお願いいたします

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/08(木) 18:22:27|
  2. 追憶の鉄路 C55

追憶の鉄路 青井岳発車




C57と共通運用だった吉松機関区のC55

運が良ければ日豊本線でも会えた




蒸気機関車 日豊本線




しかしスタイルの良さが自慢のきみに

貨物は似合わなかったね



C5510
日豊本線 青井岳
1970年(昭和45)夏
MinolutaⅡ + 50㎜f2.0
FUJICHROME


「追憶の鉄路」は 中学1年から大学1年まで 夢中で追いかけた蒸気機関車の記録です
古い写真のなかには拙いものもありますが 時代の記録としてご覧ください
なお画像の無断転載はご遠慮ください


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ 日本ブログ村ランキングに参加しています
お手数をおかけしますが 上記「SL」(蒸気機関車)のマークのクリックをよろしくお願いいたします
クリックの数が日々更新の励みになります いつもありがとうございます

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/27(木) 02:13:21|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:12

追憶の鉄路 抜海を行く







宗谷本線 抜海


人家はなく

地吹雪が起きると

前には進めない


手はかじかみ

からだを動かしていないと

急速に体温が失われていく

命の支えはハッキンカイロだけだ


そんな酷寒の地にたたずんで

ひたすら蒸気がくるのを待つ


やがて雪原の彼方に

黒い塊があらわれた

稚内発の旅客列車だ




蒸気機関車 宗谷本線




海からの風を受けて

煙が雪原をはう




蒸気機関車 宗谷本線




カランコロン カランコロン

ロッドを響かせながら

C55が抜海の原野を駆けていく




蒸気機関車 宗谷本線




この一瞬だけ

ぼくは寒さを忘れた



322レ C55 機番不明
宗谷本線 抜海~南稚内

1974年(昭和49)3月25日
Canon FT

「追憶の鉄路」は 中学1年から大学1年まで 夢中で追いかけた蒸気機関車の記録です
古い写真のなかには拙いものもありますが 時代の記録としてご覧ください
なお画像の無断転載はご遠慮ください
ブログなどに転載するときは写真の下にこのブログのURLを明記しご一報ください


にほんブログ村 蒸気機関車ランキングに参加しています

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/12(火) 23:36:02|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:8
次のページ