光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 開館まもない梅小路 -10-






B20の肖像




蒸気機関車 梅小路蒸気機関車館




鹿児島からやってきた

ちっちゃなちっちゃな蒸気機関車



京都・梅小路蒸気機関車館
1974年(昭和49)
Canon FT TRI-X

「追憶の鉄路」は 中学1年から大学1年まで 夢中で追いかけた蒸気機関車の記録です
古い写真のなかには拙いものもありますが 時代の記録としてご覧ください
なお画像の無断転載はご遠慮ください


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
日本ブログ村のランキングに参加しています

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/11(土) 00:13:51|
  2. 追憶の鉄路 B20
  3. | コメント:9

築港のマスコット







小さな小さな機関車に逢いたくて

小樽築港を訪れた



彼女の名前は B20

全長7メートル

デゴイチの1/3ほどの体格だ




蒸気機関車 小樽築港機関区




中学生だった鉄道少年には

広角レンズなど高嶺の花だった時代

標準レンズがついたカメラを持って

壁にぴったりついて彼女を撮った

それでも全体は撮れなかった

小さな機関車がとても大きく見えた






小樽築港機関区  B20

1970年(昭和45)12月25日






  1. 1975/12/24(水) 15:12:25|
  2. 追憶の鉄路 B20