光と風のなかへ

盛岡地区で活躍する701系






かつて東北本線は 日本最長の営業キロ数を誇った幹線だった

それが新幹線の開業とともに凋落をたどり いまや北の終点は盛岡



東北本線盛岡地区 701系



長大な列車が駆け抜けた鉄路も 短編成の電車が1時間に1本とは淋しいばかり

東北本線が鉄コレの世界になるとは 当時は誰が想像しただろうか



東北本線盛岡地区 701系




Panasonic GX8
東北本線 一ノ関
2017.11.11. 撮影

鉄道コム



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/20(月) 00:02:38|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

アンパンマン列車 8000系






アンパンマン列車として人気の8000系

四国の電化開業にあわせて投入された121系



高松駅 8000系&121系



年内にもう一度四国に渡る予定をたてていたが スケジ゛ュールが満杯

彼らたちとの再会は 来春になりそうだ



Nikon
高松駅
2017.6.5. 撮影

鉄道コム



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/11(土) 00:03:31|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 02






電車の正面に描かれた謎のデザイン

いったい何が来たのかと思えば JR西日本の岡山支社が昨春開催した

晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」にからんで結成された

「吉備之国くまなく旅し隊」のラッピング電車らしい



「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 115系



そのキャラクターが「くまなく」と「たびにゃん」

二人あわせて「くまなく・たびにゃん」とは オヤジギャグの類いだが

電車の正面は この「くまなく」の顔の鼻だ

となると上の青は帽子で ライトは目となるのかな



「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 115系



ネーミングは無理があるが デザインとしてはおもしろい

当初の予定では昨年11月までの運行だったが いまだ走行中



「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 115系
https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/10/page_7846.html より転載



人気があったからというよりも 節約重視のJR西日本のことだ

塗り直しの手間を省いただけかもしれない



「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 115系



Panasonic GX8
山陽本線 尾道
2017.10.07. 撮影

鉄道コム




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/10(金) 00:30:27|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4

「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 01






朝の尾道駅に上り電車が進入してきた

正面には顔のようなものが描かれている

これはいったい何だ




山陽本線 「吉備之国くまなく旅し隊」ラッピング電車 115系 



Panasonic GX8
山陽本線 尾道駅 115系
2017.10.07. 撮影

鉄道コム


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/09(木) 00:08:06|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:2

坂の町 尾道 08






浄土寺の参道をカープ電車が駆けていく



尾道 浄土寺



Panasonic GX8
浄土寺
2017.10.7. 撮影


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/02(木) 01:02:44|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

115系が走る街 尾道01






JR西日本が経費削減を目的に塗り始めた濃黄色の電車

あまりのセンスのなさに 地元でも不評らしいが

新型の227系に置き換わる前に もう一度 湘南色に戻せないか



山陽本線 115系



Panasonic GX8
山陽本線 尾道-東尾道
2017.10.7. 撮影


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/01(水) 00:33:14|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:2

埼玉新都市交通ニューシャトル乗車記 iPhone






東北・上越新幹線の建設反対に対する見返りとして

新幹線の高架張出し部分に建設された 埼玉新都市交通のニューシャトル



埼玉新都市交通ニューシャトル 2020系



先日 伊奈町への出張ついでに終点の内宿まで乗ってみた



埼玉新都市交通ニューシャトル 2020系



大宮駅で入線してきたのは 新型の2020系

2016年度グッドデザイン賞を受賞した車両だけあって 小型ながら格好良い



埼玉新都市交通ニューシャトル 2020系



座席はロングシートだが 背もたれが分かれているのでフィット感がある

全線高架線を走るので 進行方向の左側限定だが 眺めも良い

しかし 最新型とはいえ 車輪はゴムタイヤ  このため 揺れる 揺れる

乗り心地は バスより悪いかも 


終点の内宿は 駅の窓口と一体化した売店があるだけで何もない

ここから無料のシャトルバスに乗り換えて少し走ると巨大な施設が見えてきた

コバトンが大きく描かれた 埼玉県県民活動総合センター

略して「けんかつ」だ  ここがこの日の仕事場



埼玉県県民活動総合センター



コバトンは埼玉県の県鳥シラコバトをモチーフにした県のマスコットらしいが

くまモンやひこにゃんほど名は売れていない もっとも県民には浸透しているのかな



埼玉新都市交通ニューシャトル 2000系



「けんかつ」での仕事を終えて ふたたびニューシャトルに乗車

今度は2007年にデビューした2000系の第1編成

これに乗ると 10年の格差を強く感じる



埼玉新都市交通ニューシャトル 2000系



iPhone7plus
2017.10.17. 撮影
埼玉新都市交通ニューシャトル 内宿駅


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/10/30(月) 00:04:34|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
次のページ