光と風のなかへ

真夏の安曇野 大王わさび農場 01






都心の最高気温 20.6℃ (12:51) 天候 雨

そんな日に真夏の記事というのもあわないが

うだるような暑い日よりは かえっていいかな


そんなわけで真夏の思い出 安曇野編

きょうは 大王わさび農場


開拓着手は 大正6年(1917)

いまでは東京ドーム11個分の面積を誇るわさび農場だ


そこに広がる綠の世界を楽しみに出かけたものの

あらわれた風景は どこも 真っ黒けのけ!




安曇野 大王わさび農場




こっちを見ても 真っ黒けのけ!




安曇野 大王わさび農場




あっちを見ても 真っ黒けのけ




安曇野 大王わさび農場




なんでもわさびの葉は 強い陽射しにさらされると

すぐに黄色くなってしまうとか

このため 太陽の光からわさびを守るために

夏の間は 黒いネットをかけて保護しているのだという


そうとは知らず とっても残念!

ただネットの下には 綠のわさびが広がっていた




安曇野 大王わさび農場




流れる水は とても澄んでいて とても冷たい

環境庁の名水百選にも登録されている




安曇野 大王わさび農場




今度は 春か秋に 訪れることにしよう



安曇野 大王わさび農場
2012.8.24.撮影





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/18(木) 22:49:27|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0

「敵に塩を送る」 世界へ






敵に塩を送る

上杉謙信と武田信玄のエピソードが

なんとIMF・世界銀行年次総会で

ラガルド専務理事によって披露されたという

なんでも「助け合いの精神を持ち続けてほしい」と

加盟国に呼びかけたというのだ

これで謙信も信玄も 世界的な有名人かな


ただこの話 まったくの作り話だ

もっとも信玄が今川氏真との同盟を破棄したため

今川が憤慨して駿河産の塩を止めてしまったことは事実


このことは 今川家の重臣で駿東郡にいた

葛山氏元(かづらやまうじもと)の印判状のなかにある

「塩荷留められ候」 塩の流通を留めている という文言から確認できる
(「萩原芹沢文書」『静岡県史料』第一輯)


信玄の領国は内陸なので塩がとれない

どうしても外から買ってこなければならない

しかも塩は生活必需品だ

その大切な塩の入手ルートが断ち切られたら

武田領の人々は とても困っただろう


ただし 塩の入手ルートはひとつではない

このころ信玄は信長とは協調していたから

尾張や伊勢方面の塩は入手できた

さらに日本海側の越後西浜の塩が

姫川沿いの千国(ちくに)街道を通って

信濃に運ばれていた


駿河ルートが断ち切られたら

越後ルートの輸送量は増えたはずだ

このとき謙信も塩の流通を止めてしまえば

信玄も窮地に陥ってしまったかもしれない

しかし そんなことをすれば 越後西浜の塩は

信濃という大きなマーケットを失って

壊滅的な被害を受けるだろう

謙信も領国経済のことを考えたら そんな無理はできない


結局 越後の塩は これまで通り信濃に運ばれた

それは信玄の本拠地の甲斐にも転売されて

信濃の商人はぼろもうけをしたはずだ

こうした話をもとにして のちに誰かが

謙信が塩を送ったという美談に仕立てたのだろう


そもそもこの前年の永禄9年(1566)

謙信は 信州や甲州の家々を一軒残らず焼き払い

謙信の旗を甲府に立てて 武田信玄親子を退治する!

そう春日山城の持仏堂に祀った神仏に誓っていた


そんな武将がライバルに塩を送るなどありえない

助け合いなどという美談は 敵に対してはありえないのだ

それが 戦国という時代なのだ


しかし そんな作り話が

今度は世界中に伝わってしまった

それも困った問題だな




安曇野 道祖神 庚申塔 二十三夜塔
千国街道保高宿の端に立つ二十三夜塔 庚申塔 道祖神


安曇野
2012.8.24.撮影





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/12(金) 22:11:04|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:4

真夏の安曇野 碌山美術館 04






碌山美術館

碌山美術館

碌山美術館

碌山美術館


安曇野 碌山美術館
2012.8.24.撮影





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/07(日) 12:37:50|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0

真夏の安曇野 等々力屋






安曇野 等々力屋




10月になっても夏日が続く 東京

暑さが残るうちに はやく夏の写真を整理しなくちゃ


等々力屋
2012.8.24.撮影





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/06(土) 09:36:11|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0

森林浴






穂高ビューホテルより撮影

穂高ビューホテル 散歩道

穂高ビューホテル

穂高ビューホテル客室より撮影




あれほど暑かった夏は どこにいってしまったのだろう

きょうの東京 24.8℃(12:58)まで気温は上昇したが

涼しい風が吹き荒れて 半袖だと肌寒さを感じる一日だった

もう 秋なんだな



穂高ビューホテル
2012.8.24.撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/27(木) 18:27:07|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0

穂高神社 02






穂高神社

穂高神社

穂高神社

穂高神社

穂高神社

穂高神社

穂高神社




諏訪大社、生島足島神社とあわせて 信濃三社とよばれる穂高神社

859年には従五位上の神階を授けられた古い神社だ

境内には鶏が住んでいて 社殿の周辺を ひょこひょこ歩く

どこにいたか わかったかな



信州安曇野 穂高神社
2012.8.24.撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/16(日) 23:16:51|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:2

碌山美術館 03






碌山美術館の代表作品といえば

荻原守衛 《女》 1910年作




荻原守衛 《女》 1910年作




館内は撮影禁止だが 中庭から後ろ姿を撮影できた

彼女は何を見上げているのだろう



GX200
信州安曇野 碌山美術館
2012.8.24.撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/15(土) 01:28:30|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0
次のページ