光と風のなかへ

宇和島のコッペル ケ220






陸上交通の便が悪かった四国の南予地方に

最初に鉄道が敷設されたのが1914年(大正3)10月

線路幅が762ミリしかない軽便鉄道 宇和島鉄道だった

このときドイツのコッペル社から5両の機関車が輸入された



宇和島のコッペル ケ220



その1号機関車(ケ220)の復元車両が宇和島駅の駅前広場に展示されている



宇和島のコッペル ケ220



本物は1944年に廃車となったが このレプリカもよく出来ていて 今にも走り出しそうだ



宇和島のコッペル ケ220



Panasonic GX8
愛媛県 宇和島
2017.2.26. 撮影

鉄道コム



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/22(水) 16:46:52|
  2. 蒸気機関車(9600以前の車両) 
  3. | コメント:0

京都鉄道博物館 07






重要文化財に指定(予定を含む)されている機関車が3両ある

1両は大宮の鉄博にある「一号機関車」〈1871年製 1997.6.30指定〉

1両は加悦SL広場にある「一二三号機関車」(1873年製 2005.6.09指定)

そして1両が京都の鉄博にある「二三三号機関車」(1903年製 2016年予定)だ




二三三号機関車




このうち一号機関車は英国のヴァルカン・ファンドリー社製

一二三号機関車も英国ロバートスチーブンソン製に対し

二三三号機関車は大阪の汽車製造合資会社で製造された

国産初の量産型の蒸気機関車となる




二三三号機関車




正式な指定は官報告示後だが 国産の機関車としては初の重要文化財

鉄博の展示にあたっては ピカピカに磨かれて 本館正面に鎮座する




二三三号機関車




Nikon
京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/08/17(水) 00:30:51|
  2. 蒸気機関車(9600以前の車両) 
  3. | コメント:0