光と風のなかへ & 追憶の鉄路

冬の光に希望を託して







いくつもの太陽が

波間に輝く

冬の瀬戸内海




瀬戸内海 冬の光




頬をよぎる風は冷たいが

海はとてもおだやか




瀬戸内海 竹原から大崎島へ

瀬戸内海 大崎島から竹原港へ

大崎島航路  12.23.




やがて海が赤く染まると

夜の世界へ




忠海の夜景

忠海の夜景  12.23.




そんな日々を繰り返した2008年もあとわずか

まもなく新しい年を迎えます



今年もまこべえワールドにご訪問いただき

ありがとうございました



いつもなら年賀状を書き

おせち料理の準備にはいるころですが

年末に父の手術という思わぬ出来事に直面し

ただいま看護に追われています



退院後もさきの見えない介護の日々がはじまるため

しばらくの間 ブログはお休みします



菜の花が咲くころには

またみなさんと再会したいと思っています

来年もよろしくお願いいたします




瀬戸内海 竹原~大崎島



冬の光に希望を託して






しばらくのあいだコメント欄は閉じさせていただきます







  1. 2008/12/31(水) 17:15:09|
  2. 瀬戸内紀行

そろそろ出番じゃな






今年も聖夜が近づいてきました

サンタさんもこれから大忙し




サンタさん




ちょこっとおうちのなかをのぞいてみたら

みなさんのもとを訪れる順番を思案中でした



まこべえもこれからクリスマスまで

安芸国に出陣です



サンタさんとはすれ違いですが

みなさんのもとには

素敵な聖夜が訪れますように




聖夜




ひとあし早く

Merry Christmas!










いただいたコメントのお返事は帰陣後にさせていただます








テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/12/19(金) 18:00:00|
  2. イルミネーション・聖夜
  3. | コメント:10

さらば夢の超特急







みんな

きみを見ながら

大きくなった




新幹線 京都駅




大人になって

一緒に旅をした




新幹線 小郡駅 国鉄最後の日 




たくさんの思い出とともに

時代を駆け抜けた

夢の超特急




なかでも

1970年10月の出会いは

特別だった



高島貨物線の電化を記念して

D51(デゴイチ)が東海道線を走った日

新幹線とクロスする大崎駅の南で

D51ときみが来るのを待った



出会いは一瞬



きみは来てくれるのか

それだけが気がかりだった



やがてD51のドラフトがきこえ

新幹線の高架をくぐった瞬間

きみは急いで駆けつけてくれた




蒸気機関車 東海道本線




それは新旧交代の一瞬だった



あれから38年

今度はきみが

引退する日がきた



2008年12月14日

新大阪 14時56分

ひかり347A



みんなの思い出を乗せて

きょうきみは

最後の旅に出る




あいにく仕事と重なって

見送りには行けないけれど

WEBに投稿した贈る言葉が

ぼくのかわりにきみに乗車して西に向かう




新幹線記念乗車票




たくさんの思い出を

ありがとう



きみと過ごした日々は

忘れない



ぼくらの夢の超特急



きょう

きみは

歴史になる




ありがとう 夢の超特急






テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/14(日) 00:00:00|
  2. 夢の超特急・新幹線
  3. | コメント:10

0系とすごした日々?







こちらは帝国ホテル列車食堂でございます

車内放送から

その名前が聞こえただけで

胸がときめいた




新幹線 東京駅



数ある列車食堂のなかでも

帝国ホテルは別格だった



アイスクリームも

どこか高級な甘さがした



開業時の食堂車(ビュフェ)は5号車と9号車

停車位置にはいつもおねえさんたちが

新幹線が入線するのを待っていた




新幹線 東京駅




大きな風呂敷包みに白いエプロン

それは昭和のシンボルだった



やがて入線時刻になると

おねえさんたちは定位置に立って

新幹線を迎えていた




新幹線 東京駅

新幹線 東京駅




発車までの短い時間は

食材を搬入するおじさんたちも大忙しだ




新幹線 東京駅




夢の超特急は

たくさんの人々に支えられて

東海道を駆け抜けた




新幹線 東京駅





2008年11月30日

夢の超特急

定期運行 終了




そして もういちど

みんなの思いを乗せて

12月14日14時56分

きみはひかりとなって

最後の旅に出る






1970年 東京駅にて撮影









テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/07(日) 18:01:00|
  2. 夢の超特急・新幹線
  3. | コメント:10

0系とすごした日々?







3216両の仲間たち

デビュー当時の車両は

ドアの横に作られたサボ受けに

列車名と行き先を明記した金属板をさしこんでいた




新幹線 東京駅




風で飛ばされるなどの弊害が出て

金属板(サボ)はまもなく廃止となったが

外枠だけはそのまま残った



号車札もシールではなく金属板

時刻表も手書きのペイントだった




新幹線 東京駅




「ひかり」や「こだま」の発車間隔は20分




新幹線 東京駅




列車を見送るたびに

駅員さんが列車案内板を

取り替えていた




新幹線 東京駅




なにもかもアナログだった時代




新幹線 東京駅




活気あふれるなかにも

どこかのどかな空気があった




新幹線 東京駅




そして

いつもそばには

きみがいた




2008年11月30日

夢の超特急

定期運行 終了




そして もういちど

みんなの思いを乗せて

12月14日14時56分

ひかりとなって

最後の旅に出る




新幹線 東京駅




1970年(昭和45) 東京駅にて撮影




12月14日の「さよなら運転」

まこべえはまたしても仕事で乗れません

最後の勇姿を見たかった





テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/05(金) 18:00:00|
  2. 夢の超特急・新幹線
  3. | コメント:8