光と風のなかへ & 追憶の鉄路

別れの三月、そして新たな旅立ちへ






別れの三月

いつもならなにげなく書くこの言葉も

今年は本当に悲しい そして悔しい

三月になってしまった


あけない夜はない


そんな言葉もいまはまだ

むなしく響くだけだろう


それでも一歩一歩

前を向いて歩んでほしい


これからは長期戦だ

乗り越えなければならない壁も多い


それでも今日より明日は必ず良くなる

東北には困難を乗り切る底力がある


負けるな 東北!

あけない夜はないのだから




蒸気機関車 石北本線


石北本線 夜明けの常紋信号所
1970年(昭和45)12月28日




  1. 2011/03/31(木) 23:59:45|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:0

納豆になった江姫






首都圏の物資も次第に流通しはじめたが

いまだに手に入りにくいものが

水とヨーグルト それに納豆


流通不足をおぎなうために

ふだんは首都圏に出回らない

西日本の品物も数多く店頭にならんでいる


そのなかでも注目株が

「江姫納豆」


なんと浅井三姉妹が

納豆に変身してしまった




江姫納豆




生産者は高橋食品工業株式会社

京都伏見の納豆専門の会社だという


しかも大徳寺納豆と違って

きちんと糸をひく本格派


消費量では東日本が圧倒する納豆だが

最近は関西圏でも消費がのびているらしい


ただ東日本の納豆と比べると

においはひかえめ

しかも大豆はアメリカかカナダ産

これでは江姫が異国の人になってしまう


ちなみに浅井三姉妹のお茶々ちゃん

大坂の陣では鎧に身を固め

みなを叱咤激励していた


パッケージの絵も

鎧姿で描けばリアルだったのに


その下に描かれる

尼さん姿のお初ちゃんがかわいい



2011.3.25. 撮影





テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/31(木) 00:03:37|
  2. Food show
  3. | コメント:2

桜だより2011 武蔵小杉






大学病院の桜が咲き始めた

この桜が見頃になると

多摩川に桜の精が舞い降りてくる




桜だより2011



日本医科大学病院 CX1
2011.3.29. 撮影




東北地方太平洋沖地震に関する募金情報

日本赤十字社
たくさんの子どもたちを救いたい

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

テーマ: - ジャンル:写真

  1. 2011/03/30(水) 01:28:55|
  2. 多摩川だより
  3. | コメント:4

桜 咲く






東京に桜が咲いた

つらいニュースか続くなか

すっかり忘れていたけれど

春は今年もやってきた


民俗学者の折口信夫によると

邸宅の門の前にある桜は

古くは災厄をさえぎる結界として

植えられたものという


桜の美しさが災厄を払う

だから人々は桜の下に集う


どうか日本中に桜が咲いて

大きな災害が二度と起きないように

この国を守って欲しい




多摩川の一本桜




春ごとに 花のさかりは ありなめど

あひ見むことは いのちなりけり

『古今和歌集』巻第二


多摩川
2009.4.7. 撮影




東北地方太平洋沖地震に関する募金情報

日本赤十字社
子どもたちを救いたい

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/29(火) 00:30:25|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

子どもたちの心を守るために






大きな地震から2週間

マスコミは子どもたちの笑顔を伝えていますが

一人の教師として子どもたちの心の傷が心配です


大きな災害にあうと

「元気を出して」「頑張って」

ついついこんな言葉をかけてしまいがちですが

傷ついた子どもには逆効果


大切な言葉は

「だいじょうぶ」

「守ってあげるからね」

「いつも一緒にいるよ」


両手で子どもを支え 子どもの目線で

ゆっくりとやさしく話してあげてください


もしかしたらお子さんはいつもよりよい子かもしれません

それは大人たちが傷ついていることを敏感に感じているからです

大人を助けなくては自分が危ないと本能的に感じ取り

よい子になろうとしているからです

しかし心は大きく傷ついています


おとうさんやおかあさんも大変な時ですが

できるだけお子さんと一緒にいてあげてください

いつもよりたくさん話かけてください


「だいじょうぶだよ」

そう声をかけて

よりそってあげてください



日本小児精神医学研究会による災害時の子どもへの対応
被災した子どもさんの保護者の方へ
http://homepage2.nifty.com/jspp/PTSD_parents.pdf
赤ちゃんがいらっしゃる方へ
http://homepage2.nifty.com/jspp/PTSD_baby.pdf


日本心理臨床学会による災害と子どもの心のケア
http://heart311.web.fc2.com/childcare.html


東京学芸大学教授大河原美以氏による子どもたちの恐怖への対応について
http://www.u-gakugei.ac.jp/~ohkawara/kyoufu.pdf

*大河原氏の専門は子どもの心理療法


国立成育教育センターによるおとうさんやおかあさんを亡くした子どもへの対応
http://kokoro.ncchd.go.jp/uploads/to_child.pdf








東北地方太平洋沖地震に関する募金情報

日本赤十字社
たくさんの子どもたちを救いたい

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html


  1. 2011/03/27(日) 02:27:28|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:2

旅立ちの日に






各地で卒業式がおこなわれている

首都圏の大学では卒業式の中止があいついだが

被災地では子どもたちがいまつぎつぎと巣立っている


今年の卒業式は 子どもたちにとっても

送る側にとっても これまでにない

特別な思いをこめた日となったことだろう


災害に負けてしまったことはとても悔しいことだが

これから待ち受ける困難には必ず勝てる!


きみたちがいる限り

ふるさとは必ずよみがえる

未来を信じて 若い力を信じて

ふるさとをよみがえらそう

きみたちにはその力がある


卒業 おめでとう









東北地方太平洋沖地震に関する募金情報

日本赤十字社
たくさんの子どもたちを救いたい

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html


  1. 2011/03/25(金) 00:15:07|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:2

峠は必ず越えられる






ほんの少しでいい

一歩 一歩

前に進もう

峠は必ず越えられる

越える力を持っている




蒸気機関車 八高線



八高線 金子~東飯能
1969年 撮影






東北地方太平洋沖地震に関する募金情報

日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/03/23(水) 00:40:53|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:2
次のページ