光と風のなかへ & 追憶の鉄路

江ノ島のトビ 01






江ノ島にはたくさんのトビが巣くう




江ノ島のトビ




狙うは食べ歩きをする観光客

上空を旋回しながら偵察し

獲物を見つけたら いっきに急降下

あっという間に 食べ物をさらっていく




江ノ島のトビ




Nikon
江ノ島
2016.1.16.撮影

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/31(日) 00:30:53|
  2. 野鳥の世界
  3. | コメント:0

追憶の鉄路 悔し涙の塩狩峠






夜更けすぎに 雨は雪へとかわるらしい

寒いわけだ カバンを持つ手がかじかむ

吹雪のなかでも 線路端で立ち尽くせた10代の頃とは

さすがに耐寒性能が大きくダウンしている


もっともあの頃も 寒さのなかうちひしがれたことがあった

あれは酷寒の土地 宗谷本線 塩狩峠での出来事

ドラフトが聞こえ いよいよ来るぞ と待ち構えていたところ

どうもおかしい エンジンらしき音も聞こえてくる


もしや と思った不安が的中 カーブから姿をあらわしたのは

赤いディーゼルのデデゴイチたった ヤツが前についてきたのだ!




蒸気機関車 宗谷本線




このときのショックは 蒸気を追いかけていた仲間ならわかるだろう

夏場ならともかく 真冬の塩狩峠でのことだ

カーブから姿が見えたら 135ミリで狙う予定が いっきに萎えた

それでもモノクロを入れた もう一台のサブカメラで撮影を続ける

しかし シャッターを押す気力はすでに失せていた

小刻みに親指を回転させる 得意の連写もしていない




蒸気機関車 宗谷本線




このとき 赤い機関車の後ろにいる本務機は C55だった

彼を狙うために 雪のなかをずっと待ち続けていたのだ




蒸気機関車 宗谷本線




しかし ショックは これで終わらなかった

眼の前を通り過ぎる機関車を見て 思わず声をあげた!

なんと 会うことを楽しみにしていた トップナンバーではないか

慌てて機関車を追いかけるように 135ミリを向けた

ピントをあわせる余裕もなく 構図なんか考えていない

とにかく ナンバープレートだけは撮っておきたい ただそれだけだった




蒸気機関車 宗谷本線




汽車が去ったあとは悲惨だった いっきに寒さが襲ってきた

駅に戻る足取りは重く そこに機材の重さが加わる

44年もむかしのことなのに いまだに忘れられない

そのためだろう 我が家の機関車コレクション

いまだにデデゴイチだけは 入線していない 




minolta
宗谷本線 塩狩峠
1971年(昭和46)1月6日.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/30(土) 00:09:23|
  2. 追憶の鉄路 C55
  3. | コメント:8

江ノ島の猫 02






江ノ島の猫たちは

お店だって テリトリー




江ノ島の猫


 

Nikon
江ノ島
2016.1.16.撮影

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/29(金) 00:29:41|
  2. 町のねこたち
  3. | コメント:0

片瀬の海






片瀬の海



Nikon
江ノ島
2016.1.16.撮影

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/28(木) 00:34:12|
  2. お散歩カメラ
  3. | コメント:0

夕空に舞うカモメ






夕空に舞うカモメ



Nikon
江ノ島
2016.1.16.撮影

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/27(水) 00:02:30|
  2. 野鳥の世界
  3. | コメント:0

江ノ島の猫 01






江ノ島の猫




トレードマークは 一歩踏み出した右足の黒

ただ 去勢手術を受けていないようだが 大丈夫かな




Nikon
江ノ島 弁財天仲見世と通り
2016.1.16.撮影

テーマ:猫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/26(火) 00:42:23|
  2. 町のねこたち
  3. | コメント:0

トビが舞う海






江ノ島のトビ




Nikon
江ノ島
2016.1.16.撮影

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/25(月) 17:41:17|
  2. 野鳥の世界
  3. | コメント:0
次のページ