光と風のなかへ

東福寺の夏 02






京都 東福寺




京都 東福寺
2016.7.23.撮影

テーマ:■京都を撮る■ - ジャンル:写真

  1. 2016/07/31(日) 00:17:40|
  2. 旅日記 京都府
  3. | コメント:2

東福寺の夏 01






今回の上洛は東福寺境内某所での調査が目的で

鉄博はあくまでも「附録」

だから仕事はきっちりこなしてきたが

非公開区域における特別調査なので

報告書に掲載する写真以外は非公開

このため有名な撮影スポットから一枚

秋になると紅葉がすばらしい通天橋からのながめ




東福寺




緑一色の風景もなかなか美事




京都 東福寺
2016.7.23.撮影

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2016/07/30(土) 00:14:39|
  2. 旅日記 京都府
  3. | コメント:0

京都鉄道博物館 03






プロムナードにいるC62は2両の客車をしたがえている

1両目は昭和13年に製造された皇室・貴賓客用の寝台客車 マロネフ59




京都鉄道博物館 マロネフ59

京都鉄道博物館 マロネフ59




2両目は昭和8年に製造された食堂車 スシ28




京都鉄道博物館 スシ28

京都鉄道博物館 スシ28




「二等寝台」「食堂」の字体が昭和を感じさせる



  
京都鉄道博物館 スシ28




京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/29(金) 01:02:30|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

東京 梅雨明け






今年は遅いなあ と思っていた梅雨が ようやく明けた

平年より7日 去年より18日 遅い梅雨明けだという

これからまた 連日30℃を越す暑い夏がやってくる




京都 東福寺




写真は 京都 東福寺の境内

この日も33℃の猛暑だった



京都 東福寺
2016.7.23.撮影

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/28(木) 21:02:39|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

京都鉄道博物館 02






シロクニの横にいるのは 戦後初の長距離電車として登場した80系

このあたりは 蒸気から電車へ という歴史をふまえての展示なのだろう




京都鉄道博物館 80系




先頭のクハ86001と続くモハ80001も 交通科学博物館からの移転組だが

JR西の鉄博となれば 「湘南顔」の2次車よりも 3枚窓のほうが似合っている




京都鉄道博物館 80系




ちなみに プロムナードは 駅のプラットホームを模して100mもある

場所はとるが 鉄道は編成で展示したほうが リアルでいいね 




京都鉄道博物館 80系




京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/28(木) 00:50:58|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

京都鉄道博物館 01






京都鉄道博物館には3両のシロクニがいる

数ある鉄道博物館のなかにあって

3両ものシロクニに会えるのは ここだけだ

しかも入館してすぐに 26号機が迎えてくれる




京都鉄道博物館 C62




大阪交通科学博物館から移ってきたカマだが

現役の一時期 梅小路にも在籍していたので 古巣に戻ったというべきか




京都鉄道博物館 C62




それにしても綺麗なカマだ

まるで巨大な模型のようだ




京都鉄道博物館 C62




京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/27(水) 00:22:11|
  2. 追憶の鉄路 C62
  3. | コメント:0

風雪に耐えた巨体






吹雪をついて爆走するキミに会いたくて

単身で海を渡ったのは 1970年の冬

まだボクが中学生のときだった




京都鉄道博物館 C62




キミは築港の機関庫のなかでからだを休め

さしこむ光で「つばめ」が鈍く輝いていた




京都鉄道博物館 C62




あれから46年 おたがいに年をとったね

からだのあちこちにガタがきている様子が見てとれる




京都鉄道博物館 C62




それでもここなら大切に整備してくれる

山道は無理でも 構内なら まだまだ活躍できるだろう




京都鉄道博物館 C62




ただ 今回は可動機ゆえに 近づくことができなかった




京都鉄道博物館 C62




むかしなら そのあたたかさを近くで感じとれたのに とても残念




京都鉄道博物館 C62




だからまた近々 必ず会いにくる

そのときは 思いっきり汽笛を聞かせてほしい




京都鉄道博物館 C62




わが青春の「スワローエンジェル」


 

京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/26(火) 00:55:11|
  2. 追憶の鉄路 C62
  3. | コメント:0
次のページ