光と風のなかへ

雪の彦根城 04






歩く人もいない 吹雪の彦根 

復元された表御殿(彦根城博物館)を囲む腰巻石垣と内堀

表門に架かる橋のむこうには馬屋と佐和口多門櫓が見える

近代的な建物は覆い隠され 広がるモノトーンの世界は江戸時代





彦根城 表門と内堀





Panasonic GX8 Panorama
彦根城 表門と内堀
2017.1.14. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/31(火) 23:50:04|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0

冬の光






30日の東京は コートいらずのポカポカ陽気

都心の最高気温は 19.5℃(11:09)

4月なみの暖かさだという

ただし明日は 10℃の予想で冬に逆戻り

それでも 太陽の光は少しずつ復活してきている




研究室




陽が差し込む午前中の研究室は

エアコンをつけなくても十分に暖かい




研究室




ただ 眺望も 広さも Sクラスだったこの研究室とも

あとふた月ほどでお別れだ




Panasonic GX8
2017.1.27. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/30(月) 23:56:55|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0

井伊の赤備え&ひこにゃん






井伊家14代直憲の具足 朱漆塗紅糸威本小札二枚胴具足

もとは11代直中の具足で 3代直澄の具足の可能性もあるという




朱漆塗紅糸威本小札二枚胴具足




兜には 長大な金箔押しの天衝脇立(てんつきわきだて)をつけるが

これがつくのは当主の兜だけで 家臣は前立(まえだて)をつけた




朱漆塗紅糸威本小札二枚胴具足




こちらは 彦根みやげ本陣で見つけた 井伊の赤備えのフィギュア

デザインから 幕末の大老として名高い井伊直弼の具足らしい




朱漆塗紺糸威縫腰取二枚胴具足




ひこにゃんに釣られて つい衝動買い   




Panasonic GX8
彦根城博物館
2017.1.14. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/30(月) 00:07:11|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:4

彦根といえば ひこにゃん






石材屋さんの店先にいる 石のひこにゃん




ひこにゃん




ふんぞり返った お土産屋さんの ひこにゃん




ひこにゃん




そしてこれが本物 生ひこにゃん




ひこにゃん




ただ かつてほどキレがない 

なかのひと かわったのかな




ひこにゃん




お世話係りのツッコミもないので

おもしろみも やや欠ける




ひこにゃん




ひこにゃんは Hさんがお世話係りだった時代がベストだったかな



 
ひこにゃん




ひこにゃんは しゃべれないから

お世話係りは ただ見ているのではなく

話かけて盛り上げないと 場がもたないよ




ひこにゃん




Panasonic GX8
彦根城博物館
2017.1.14. 撮影


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/29(日) 01:06:09|
  2. ひこにゃん
  3. | コメント:0

iPhoneで撮る彦根城 02






彦根城の天守は美しい

軒唐破風に花頭窓

千鳥破風と切妻破風 

複雑なデザインが この天守の魅力だ




彦根城 天守



もとは大津城の天守だったものを 移築したと伝えられ (『井伊年譜』)

このとき三重五階の天守から 三重三階の天守に改造されたらしい




彦根城 天守




ただし 大津城天守の移築説は 彦根藩士たちの聞き取りによるもので

確かな記録に基づくものではなく 解体修理時にもその証拠はみつかってはいない

城郭の研究者として著名な広島大学の三浦さんは 大津城天守の移築と断定されるが

このあたりは 異なる可能性も含めて もう少し慎重にすべきではないか

安土城の復元でも発掘担当者から厳しく批判された前歴があるだけに 少し気がかり  




彦根城 天守





iPhone7plus
彦根城 天守
2017.1.14. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/28(土) 14:02:09|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0

彦根の能面 02






鷹






神霊の役に用いられる面




鬼女




鬼女 (きじょ)

神事などに用いたとみられる面




増女




増女 (ぞうおんな)

女神や天女などの役に用いる面




阿瘤尉




阿瘤尉 (あこぶじょう)

額や頬に瘤がある老人の面





Panasonic GX8
彦根城博物館
2017.1.14. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/27(金) 02:02:45|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0

彦根の能面 01






主要なものだけでも 60種もあるという能面

さまざまな役柄によって使い別ける




白色尉




白色尉 (はくしょくじょう)

儀式的な祝言「翁」に使用する面




泥黒髭




泥黒髭 (でいくろひげ)

水底に住む龍神の面




大癋見




大癋見 (おおべしみ)

人に悪さをする魔性の面





Panasonic GX8
彦根城博物館
2017.1.14. 撮影

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/26(木) 00:17:31|
  2. 旅日記 滋賀県
  3. | コメント:0
次のページ