光と風のなかへ & 追憶の鉄路

国鉄解体の日






1987年4月1日 午前零時

さまざまな政治的な思惑(国労・総評・社会党潰し)と一部の金儲けのために

百年以上も続いた栄光ある「日本国有鉄道」が政府によって解体された



日本国有鉄道 本社ビル



たしかにJRの発足によって 都市部ではサービスは向上したかもしれない

しかし 国鉄解体から30年たったいま 地方はどうなったか

全国一律の賃金体系は崩壊し 不公平差は拡大した

列車本数は大幅に削減され 駅は無人化されて 路線の廃止も進む

なかでも北海道の鉄道網は もうズタズタだ

産業構造が変化し 人口が減少するなか

もともと体力が弱い北海道や四国などを別会社に分割すればどうなるか

そんなことは すぐに予測できたことだった

道路には税金をぶちこんで 鉄道は儲かる路線以外は潰していく

廃止を届出制に改悪した鉄道事業法の変更も大きかった

最大の目的とされた巨額の債務も解消できていない

効率化と利潤追求を生み出した分割民営化は 大きな失敗であった



日本国有鉄道 本社ビル



旅の楽しさも 大きく損なわれた

鈍行の長距離列車 急行列車 夜行列車も廃止され 旅費の負担は増した

若者に人気だった周遊券もつぎつぎと消え あっても日数が大幅に縮小された

鉄道がもつ利便性や楽しさを奪っては もはや廃れるだけだろう

昨年 一部が廃止された留萌線は 線路沿いに学校 病院 自衛隊駐屯地がある

その前に乗降場を作り 利便性のあるダイヤを組めば乗車率はあげられただろう

地域密着による鉄道再建と言いながら どこまで本気なのか

災害が起きれば 放置して廃止の機運が高まるのを待つ

廃止ありきでつき進むJRは もはや鉄道事業者として失格である

技術系を中心に100人も離職したJR北海道は これからどう安全を維持していくのか

明日はJR発足の30年を祝うイベントが各地で予定されているが

つぎの10年 どれだけの鉄路が残っているだろうか

公共交通機関である鉄会社は 効率化と利潤追求だけで動いてはならない

高齢化社会に向かう日本 だからこそ鉄道の価値をもう一度見いだすべきだ



日本国有鉄道 本社ビル



あれから30年 若かった自分も還暦をすぎ 高齢化社会の仲間入りをしつつある

振り返れば 国鉄最後の日は 山口線で 日章旗をつけた蒸気とともにすごしていた



山口線



そのC57 1号機も 今年で80歳の高齢だ

部品の取り替えで 羽越時代の1号機とは 中身が違うが 魂は受け継いでいる

復活蒸気のなかで 唯一 現役時代の魅力を感じられる山口線

これからも元気で活躍してほしい

今年は30年ぶりの再会も計画している



山口線



山口線でC57の僚輝だったC56 160号機は

国鉄最後の日 深夜の汐留で汽笛を鳴らした

その汽笛は 新しい門出を祝うものではなく 悲しみに満ちた汽笛に聞こえた

そのC56も 山口線の運用からははずれるようだが まだ元気な身

もう一度 四国か ふるさとの能登で活躍してもらえないだろうか

そのときは鉄道ファンは 車ではなく 鉄道を利用して撮影に出かけてほしい




日本国有鉄道 本社ビル
山口線 徳佐 仁保~篠目
山口線のみ 1987.3.31. 撮影


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/31(金) 18:23:01|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4

桜だより 2017 武蔵小杉






医大病院の桜が少しずつ咲きはじめた

ところが見ごろを迎える週末は 冬の寒さだという

青空が戻るのは 来週の月曜日

今年は花見 楽しめるかな



日本医科大学病院



iPhone7plus
2017.3.30. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/30(木) 21:45:08|
  2. 桜だより
  3. | コメント:2

海洋堂ホビートレイン






JR四国には アンパンマンのほかにも 「海洋堂ホビートレイン」という列車がある

フィギュアでは世界的に知られる海洋堂の社長が高知県出身ということで

四万十町に海洋堂ミュージアムがオープンした6年前から運行しているという

しかも臨時ではなく定期運行というのだから それなりに人気もあるのだろう



海洋堂ホビートレイン



車両もすでに3代目 外観は清らかな川を楽しむかっぱ達をイメージしたという

かっぱのフィギュアなども置かれて かっぱの世界を満喫できるというが

残念ながら回送となって すぐに発車してしまったので なかはわからない

四万十旅情にかっぱの世界 機会があれば 一度 体験してみるかな

とにかく鉄道は人が乗らなければ 利益につながらない

地域が過疎にあえぐなか 乗車率をあげるためには外から客を呼ぶしかない

鉄道ファンのなかには車で撮影に励むかたもいるが それでは鉄道は続かない

乗ってこその鉄道 JR四国の取り組みに これからも応援していきたい

ちなみに撮影した宇和島駅は いまも有人改札だ

自動改札になれている都会の人間には 人がいる改札は とてもあたたかい



宇和島駅



Panasonic GX8
2017.2.26. 撮影


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/30(木) 12:24:47|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0

アンパンマン列車






JR北海道に続いてJR四国も路線ごとの収支状況を公表し

収支次第では路線廃止に踏み切ることを表明した

日本の鉄道は どこも存続の危機にある

道路にばかり税金をつぎ込んだ この国の失策のあらわれだ

折しも今年のJRと自治体による大型観光キャンペーンは四国

都心を走る電車にも 四国四県の広告があふれ キャッチコピーは「四国を攻めよ」



特急「しおかぜ」 8600系



昨年から連続する四国出張は 意識して列車で攻めることにしているが

東京からの観光客は 飛行機で四国入りして レンタカーか高速バスの利用だろう

これではいくら広告を打っても JR四国の営業成績は向上しない

東京地区は 瀬戸大橋を渡れることをもっとPRしても良かったのではないか

鉄道で広い海を渡れる場所は 瀬戸大橋線しかない


 
本四備讃線(瀬戸大橋線)



しかし 四国内の指定券が 東京ではネットで購入できないことも問題だ

広告を打つならビューネットと連携して この点をまず改善すべきだろう

ちなみに四国の鉄道は いまアンパンマンに占領されている

写真は岡山駅を発車する高松行きのアンパンマントロッコだ



アンパンマントロッコ



1両目は開放感いっぱいのトロッコ車両

それを動かす2両目はキロ185 もと特急車両の転用だ



アンパンマントロッコ



しかもアンパンマン列車は これだけではない なんと21車両もある

なかには特急列車まであって 1号車にはアンパンマンシートが装備されている



アンパンマン列車 8000系
JR四国 8000特急電車「アンパンマン列車」より転載

アンパンマン列車 8000系



四国の車両が みなアンパンマンになっては困るが

子供たちには絶大な人気を誇るアンパンマン

これで収支の向上が図れるなら これからも工夫して続けてほしい

なかでも瀬戸内海を渡るアンパンマントロッコに乗車すると

潮の香りを受けながら瀬戸大橋を渡れる

これは一度体験してみたいが さすがに一人では気恥ずかしい

できることなら ふつうのトロッコ列車を走らせてくれないものだろうか



Panasonic GX8
2017.3.22. 2.26. 撮影


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/29(水) 17:52:28|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4

消えゆく原風景






四国の山は深い

軽がやっと走れるような山道を時間をかけて登っていくと

突然 棚田があらわれて視界が広がる

かつては林業で生計を立てていたのだろう

互いに協力しながら村を支えてきたあかしがこの棚田だ



山村の風景



しかし 残る家は わずか数軒

高齢者だけが住む村は あとどれくらい存続できるだろうか



Panasonic GX8
愛媛県
2017.2.23. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/28(火) 12:55:05|
  2. 旅日記 愛媛県
  3. | コメント:0

車窓より 富士山






昨年から引き続き 今年二度目の四国入り

初日はいつも曇り空か雨模様だったが 今回は晴れ

新幹線の車窓からも富士山が綺麗に見えた



富士山



ただこの日は ただの移動日

翌日からは曇り空と このところ天候には恵まれない



Panasonic GX8
東海道新幹線 のぞみ109号 車窓より
2017.3.22. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/26(日) 17:00:45|
  2. 旅日記 静岡県
  3. | コメント:2

佐田岬 03






佐田岬は細長い半島だ

先端には宇和海の守り神 佐田岬灯台がある

今回の調査では 時間が足りず 先端部までたどりつけなかったが

灯台の直下には豊予要塞のひとつ 佐田岬砲台(穹窖砲台)があった

敗戦後 砲台への通路は爆破されてしまったが 昨年の調査で遺物が確認されている

再訪の機会をつくって ぜひ一度 砲台跡から豊後水道をながめてみたい



佐田岬



Panasonic GX8
愛媛県 佐田岬
2017.2.23. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/25(土) 01:50:35|
  2. 旅日記 愛媛県
  3. | コメント:0
次のページ