光と風のなかへ & 追憶の鉄路

丸亀城 05 三之丸東石垣






三之丸へは高い櫓台の下を通る坂道を登ってはいる

絵図によれば櫓台の下には 屋根のない冠木門(かぶきもん)があった



丸亀城



いまは木々があってやや見通しが悪いが 敵兵は両側頭上から絶えず攻撃され

ここを突破するには かなりの死傷者を覚悟しなければならなかっただろう 

見上げるとそびえ立つ櫓台上部の石垣が真新しい

ここは1997年から2002年にかけて修理復元された場所となる

復元にあたっては岡山県の犬島の石材を使用したそうだが

花崗岩のなかでも硬く 徳川の大坂城桜門枡形にある巨石(蛸石)と同じ石材となる

その下の石垣もほとんどが修理して積み直したものとなる



丸亀城



坂道を登りきって ふり返ると 櫓台は海のほうに突き出すように築かれていることがわかる

ただ絵図によると 櫓台の上には建物は作らず ここは未完に終わってしまったようだ 



丸亀城



東側面は この櫓台の南にもうひとつ建物がない櫓台があり その南端に月見櫓があった

月見櫓のすぐ下にも石垣があり 二段になっている様子がよく見える



丸亀城




Panasonic GX8
2017.2.22. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/07(火) 01:45:48|
  2. 旅日記 香川県
  3. | コメント:0