光と風のなかへ & 追憶の鉄路

神戸散策 01 神戸郵船ビル






神戸の海岸通りには 重厚な建物が並び建つ

日本郵船 三井物産 大阪商船 チャータード銀行

神戸の街が海外貿易によって発展してきたことを物語る歴史的建造物だ



神戸郵船ビル



そのひとつ メリケン波止場のすぐ近くに建つ神戸郵船ビルは

日本郵船神戸支店の建物として1918年(大正7年)に竣工した



神戸郵船ビル



1945年(昭和20)の神戸空襲では大きな被害を受けたが 建物は残った

1995年の地震では直前に耐震補強工事を終えていたため

軽微な被害ですんだという幸運な建物でもある

いまはテナントがはいるビルとなり 郵船は名前だけとなったが

屋上には いまも社旗がたなびく



神戸郵船ビル



1863年(明治元年) 最初のアメリカ領事館が開設された場所でもあり

「メリケン波止場」と呼ばれる名前の原点がここにある




Nikon
2017.5.1. 撮影


テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/11(木) 01:50:49|
  2. 旅日記 兵庫県
  3. | コメント:2