光と風のなかへ & 追憶の鉄路

「究極の」ミラーレス






いつも二十歳前後の若者たちと一緒にいるため

自分も若いと思いがちだが 実年齢は三倍以上

さすがに連日の猛暑と湿気にからだが悲鳴をあげはじめた

暑い夏を乗り切るためにも ここはひとつ新しいカメラでも買って

エネルギーを充電するか と思っていたところ

ニコンがミラーレスを開発しているとのニュースがはいってきた

「究極の光学性能 画像処理技術 強度と耐久性 操作性を備えた」

「ニコンの強みを活かした新しいミラーレスカメラ」だというが

いったいどんなカメラを登場させるのだろう

これまでのFマウントは維持されるのか センサーは大きいのか

現時点では何も発表されていないが 期待はふくらむ

ただ困ったことに ミラーレスはPanasonicでレンズを収集中

これは少し様子見か 迷うところ

ただニコンのミラーレスの登場は 年末か来年はじめ

しかも値段も「究極的」になったら 手が出ない

ならば LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm

高額なレンズだが 買っても無駄にはならないかな


そんななか 最近ちょっと気になるカメラが発売された

OLYMPUS Tough TG-5



OLYMPUS Tough TG-5



センサーは小さいが いろいろと遊べて

野外調査でも活躍しそうな魅力的な機能をもつ

問題は 品質管理に問題がある OLYMPUSのカメラだという点だ

かつてEM-1のトラブルをめぐって あまりに不誠実な対応を見ただけに

OLYMPUSに諭吉五枚は かなりの抵抗感

しかも今回もカメラとして難があるらしい

すでにネットにはあちこちで書き込まれているが

テレ端は頻繁にゴーストが出るため 気軽に使えないらしい



OLYMPUS Tough TG-5



たしかにど真ん中にいつもゴーストが出ては カメラとしてどうなのか

OLYMPUSはこの現象を前機種から把握しているのだから 改良するか

せめてカタログなどに記載すべきだと思うが 何もしていない

さすがOLYMPUS 問題点は公示しないところは今もぶれていない

アウトドアにはぴったりのカメラだけに とても残念

とはいえ 被写体や光の状況によってはあまり目立たない



OLYMPUS Tough TG-5



少なくとも広角側は 問題なさそうだ



OLYMPUS Tough TG-5



テレ端を使わないことを前提に 遊んでみるか

ただ いまひとつ信頼できないOLYMPUS ここは要検討



OLYMPUS Tough TG-5
許可を得て試写
2017.7.10. 撮影


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/14(金) 01:43:22|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:2