光と風のなかへ & 追憶の鉄路

パンタがなくても電気機関車? 『週刊SL鉄道模型』






講談社から『週刊SL鉄道模型』が発売された

テレビコマーシャルに続いて

新聞にも実物大での全面広告を打ち出す力の入れようだ

ところが創刊号についてくるという「電気機関車」

なぜかパンタグラフがついていない

これではディーゼル機関車だ


もとはといえばトミーテックの鉄道コレクションのひとつ

自由形のED101からパンタを取ったオリジナルの改良品だ

おそらく経費節約のためパンタを省いたのだろうが

それを「電気機関車」と言って販売してしまおうというのだから 何ともすごい

「SLと電気機関車が並ぶ姿もこの時代ならでは」なんて解説までつけている




週間SL鉄道模型

ベースの写真は1月26日木曜日の『朝日新聞』夕刊に掲載された全面広告 上に乗る電気機関車はもとになった鉄コレのED101 




ただこのおかしな「電気機関車」

よく見ると型式番号が「BD2012」となっている

電気機関車を表す記号は E(Electric)だが

もしかしたらバッテリーロコのつもりかな

しかし蓄電用の機関車は電気機関車とは言わないはずだ

また入れ替え用にしか使えないからやっぱりヘンな組み合わせだな

さらに「SL」とうたいながら 創刊号の附録が「電気機関車」というのもなあ


創刊号は790円 しかし全部買いそろえると12,110円!

簡単にレイアウトが作れるといっても高すぎないか



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/28(土) 16:01:23|
  2. 鉄道模型
  3. | コメント:4
<<追憶の鉄路 オタモイ峠めざして 104レ | ホーム | 追憶の鉄路 もの悲しき冬>>

コメント

CM見ただけでも、このシリーズ中で最もチャチい感じがします・・・

SLはB型で自走するものが現行品では無かったのである意味貴重なのかもしれませんが、ロッド周りは玩具然とした金属の一体打ち抜き・・・
購買意欲が微塵も起きません。
  1. 2012/01/28(土) 22:08:31 |
  2. URL |
  3. mack #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

mackさんへ

はじめまして。

たしかにこのシリーズのなかでは、いろいろなモノをつめこみすぎて、ちゃっちい感じがしますね。
その反面、手動ながらターンテーブルが組み込まれるなど、遊べる要素は増えたかもしれません。
ただBタンクのロッドまわりは、むかしのホンコン製なみですね。
せめてカトーのチビロコ程度のものを作ってくれたら、もう少し見栄えもよくなったでしょうにね。
とはいえ、パット見はB20みたいなので、改造する楽しみはあるかもしれません。
それでも全部買いそろえると12万!
ちょっと高いですよね。
  1. 2012/01/28(土) 23:03:32 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

何だかなぁ、、、

こんにちは。
この手のシリーズものはかなり前から出ていますが、、、
大人が楽しむ分にはそれなりなんですが、子供が小遣いで買い続けようとすると無理が出てきますよね。
船でも飛行機でもみな初回は数百円ですが、100回シリーズなんていうのもザラですから、、、
まあ、中身も何ですが、ちょっと考えさせられるシリーズです。
  1. 2012/01/29(日) 10:24:50 |
  2. URL |
  3. tamura #Os/0XwFc
  4. [ 編集 ]

tamuraさんへ

コメントありがとうございます (^^)

そうなんです。このシリーズ、1回あたりはそう高くはないのですが、毎週揃えていくとかなりの額になりますよね。
とても子どもが小遣いで買えるような商品ではありません。
しかも途中からは予約者のみになって受注生産方式に切り替わるので、欲しいものだけが買えません。
もう少しシンプルにして価格を下げ、あとは好みで改造という形にして、発売間隔も隔週にしたほうが、買いやすく、鉄道模型の裾野も広がると思うのですが、メーカー側にも戦略があるのでしょう。
ただ、この「週間鉄道模型」、シリーズ化しているところを見ると、それなりに利益は出ているのかもしれません。

それにしてもここ最近のNゲージは、高すぎですね。
むかしのように車両も、子どもの小遣いでは買えなくなりました(もっとも世間の子どもは裕福なのかな)。
結局、マーケットを支えているのは大人たち。
しかし、子どもたちに鉄道模型の楽しさを安価に提供しないと、どんどん市場が先細りになっていくと思います。
トミーの鉄道コレクションがヒットしたのも、価格が安かったからですものね。

そういえば、さきのC62の模型に続いて、今度は、D51の模型も登場したようですね。
C62は、結局、数号買ったものの、なかなか作る暇がなく、それでもいつか作ろうと買い続けましたが、何度か買い忘れてしまったことで、結局、途中でやめてしまいました。
おかげで○万円ほど無駄にしました ^^;
こういうかた、けっこういたのではないかなあ。
  1. 2012/01/29(日) 17:47:00 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する