光と風のなかへ & 追憶の鉄路

300系とすごした日々 03







ラストランまで あと7日




東海道新幹線 300系



東海道新幹線 新横浜~小田原
2008.2.1.撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/09(金) 20:35:31|
  2. 夢の超特急・新幹線
  3. | コメント:6
<<300系とすごした日々 04 | ホーム | 300系とすごした日々 02>>

コメント

ビジネスユース

明日で山を下りますが、300系の写真は結局撮れずに終わりそうです。
それまでの200系は個室があったりで、観光要素もありましたが、300系はビジネスユース中心の編成となり、以後そのスタイルが踏襲されていますから、存在意義は意外と大きいですね。
  1. 2012/03/10(土) 07:15:54 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄@志賀高原 #-
  4. [ 編集 ]

さよなら300系

これはダイナミックな絵ですねぇ。
こうしてみるとやはり富士山は偉大です。
雪を沢山被った富士山と300系の見事なコラボですね。
  1. 2012/03/10(土) 13:28:16 |
  2. URL |
  3. tamura #Os/0XwFc
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

コメントありがとうございます (^^)

ようやく下界暮らしに戻られますか。
長いあいだお疲れさま(^^)

ご指摘のように、300系は、高速軽量化を図るために2階建て車両をなくし、食堂車までなくしてビジネスユースに徹した車両でしたね。
そのわりに当初は乗りごこちが悪く、ビジネスマンには不評でした。
しかし0系のスタイルを受け継いだ最後の正当派だっただけに、これで引退というのは寂しいものがあります。

きょうは「ありがとう」マークの団臨走行日でしたが、仕事で見送りに行けませんでした。残念!
定期での運用も、月曜日まで。
いよいよラストランです。
  1. 2012/03/10(土) 18:23:30 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

tamuraさんへ

コメント、また写真をお褒めいただき、ありがとうございます (^^)

この写真、二宮の吾妻山公園から撮影しました。
この日は富士山はよく見えたものの、かすみがちな上に、PLフィルターを忘れてしまったので、やむなくレタッチで調整しました。
山々の色バランスがくずれていますが、富士山がなんとか欠点をカバーしてくれたかな ^^;
やっぱり富士山は偉大ですね(^^)

  1. 2012/03/10(土) 18:41:11 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

名山と名列車とのコラボ写真

ラストラン目前の300系新幹線と、雪の衣を纏った富士山とのコラボ写真は、本当にダイナミックですね。
東海道新幹線と富士山とのコラボ写真は、古くは開業当時の0系新幹線の頃から、多くの人々によって、無数に撮影されてきましたが、この写真が、まこべえさんにとっても、300系と富士山との最後のコラボ写真になるのかもしれないと思うと、様々な思いが巡ってきますよね。


さて、標高の高い名山と(JRの)名列車の組み合わせといえば、日本三霊山との組み合わせというのもありますよね。
東海道新幹線の列車と富士山も、日本三霊山の1つとの組み合わせになるのは言うまでもありませんが、あとの2つの霊山である立山と白山は、ともに北陸本線の沿線から見える山であります。
この2つの霊山の風景と一緒に組み合わせて撮るのが相応しい列車といえば、やはり、現在では、大阪-札幌間の豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」しかないと思います。この列車は、下り列車でも上り列車でも、太陽の下を走る時間帯に立山連峰や白山連峰を望みながら北陸本線を走るので、晴れた日に、これらの山々をバックに北陸本線を走る姿を撮影することができれば、素晴らしいコラボ写真になるのは間違いないことと思われます。


そういえば、ラストラン目前の大阪-青森間の寝台特急「日本海」や、同じくラストラン目前の大阪-新潟間の夜行急行「きたぐに」も、沿線に立山や白山のある北陸本線を走るのですが、「日本海」の下り列車と「きたぐに」の上り列車は、完全に夜間時間帯の走行のため、立山や白山の姿を車窓から見ることや、それらの山と列車とのコラボ写真を撮影することはできず、また、「日本海」の上り列車は、今の季節だと石川県に入った頃に夜明けを迎えるし、「きたぐに」の下り列車も、今の季節だと新潟県内で夜明けを迎えるので、立山や白山を車窓から見ることも、それらの山と列車とのコラボ写真を撮影することは不可能か困難というのが残念です(夏場ならば、夜明けが早いので、下りの「きたぐに」と夜明け直後の立山連峰との組み合わせ写真や、上りの「日本海」と夜明け直後の立山連峰や太陽が完全に出た後の白山連峰との組み合わせ写真の撮影も可能ですが)。
もっとも、「日本海」と名山との太陽の下での組み合わせ写真の場合は、岩木山を見ながら津軽平野を貫く奥羽本線を走る姿(下り列車は、1年を通じて可能。上り列車は、主に夏場)や、夏場ならば、夜明け頃の鳥海山を見ながら羽越本線の遊佐以北の区間を走る下り列車も撮影することができるようですが、今後、多客期運転の臨時列車となった場合には、このような名山との組み合わせの光景も、いつまで見られるかは分かりませんよね。
(なお、かつて、「日本海」が2往復体制であった時代には、早朝の笹川流れの海岸や朝の鳥海山の景色と、太陽の下で羽越本線を走る下りの3号とのコラボ写真の撮影も可能でしたが。)
  1. 2012/03/11(日) 22:57:59 |
  2. URL |
  3. 荒野の素浪人 #rTSe1jAk
  4. [ 編集 ]

荒野の素浪人さんへ

コメントありがとうございます (^^)


>ラストラン目前の300系新幹線

あっ、このシリーズは、「300系とすごした日々」とあるように、過去に撮影した写真のなかから、未公開写真を中心にアップしています。
写真の下にも明記したように、これを撮影したのは4年前。
まだこのころは、たくさん走っていたのですが、300系と会えるのも、仕事の関係で明日が最後。
寂しいですね。

「日本海」も名山と一緒に撮りたかったなあ。
DD51重連時代の稚拙な写真があるので、時間があればアップしますね。
  1. 2012/03/11(日) 23:30:29 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する