光と風のなかへ & 追憶の鉄路

昭和記念公園 春物語2012 チューリップ01






昭和記念公園の春といえばチューリップ

その数 150種類 19万球




昭和記念公園 チューリップ




今年は出陣が遅れたため

見頃の時期をのがしてしまったが

それでもなんとかぎりぎり間に合った




昭和記念公園 チューリップ

昭和記念公園 チューリップ

昭和記念公園 チューリップ

昭和記念公園 チューリップ



RICHO GX200
東京都立川市 国営昭和記念公園
2012.4.29.撮影

関連記事

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2012/05/04(金) 00:53:40|
  2. 昭和記念公園の四季
  3. | コメント:6
<<昭和記念公園 春物語2012 シャガ | ホーム | 昭和記念公園 春物語2012 菜の花>>

コメント

目の覚めるような美しさですね!
見て、ホッといたします。
有難うございます。
  1. 2012/06/07(木) 22:36:08 |
  2. URL |
  3. ようこうし #1n9Tsjm2
  4. [ 編集 ]

ようこうしさんへ

はじめまして、ようこうしさん。
コメントありがとうございます (^^)

ここは東京の立川市にある、とても広大な国営公園で、春になるとご覧のような、美しい、そしてカラフルな風景が広がります。
それでも、もとは基地だった場所を整備して、人工的に作った公園。
自然がゆたかな信州の風景にはかないません。
ようこうしさんのお宅のモンタナも、綺麗ですね。
都会のマンション暮らしのまこべえには、こういう生活、憧れです。
写真中心のブログですが、みなさんがホッとできるような、あっかい写真をアップするように心懸けています。
またお時間がありましたら、ぜひ遊びにいらしてください♪

  1. 2012/06/07(木) 23:12:45 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

お返事有難うございます。
お写真がお上手で歴史がお好きとの事、
憧れます。
写真も内容もおシャレで、
お勉強になることが沢山!!
これからも拝見させていただきます。
すばらしい日本のことを、よく知りたいです。
歴史に弱い私なのです。^_^;
  1. 2012/06/09(土) 12:57:36 |
  2. URL |
  3. ようこうし #1n9Tsjm2
  4. [ 編集 ]

ようこうしさんへ

コメント、ならびに過分なお言葉をいただき、ありがとうございます(^^)

歴史が苦手とおっしゃる方は、暗記中心だった学生時代の歴史の授業に嫌気がさして、遠ざかってしまったかたが大半だと思います。
もしかしら、ようこうしさんも、そのお一人かな。
たくさんの人の名前や年代を、試験のたびに暗記するの、大変でしたものね。
でも、歴史は、暗記する学問ではなく、なんでだろう♪、なんでだろう♪ と、謎解きを楽しむ学問です。
日本のことをよく知りたい、というお気持ちがあるだけで、もう歴史を学ぶ入り口に立たれていますから、これからは、いろいろなことに関心を持たれて、少しずつ知識を増やしていかれるといいですね。
このブログは、趣味の写真を中心に更新しているため、歴史に関する記述は少なめですが、参考になることがあれば、とても嬉しいです(^^)
今後とも、よろしくお願いいたします m(_ _)m
  1. 2012/06/09(土) 21:07:42 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

nameをsachinotomoに改めました。
ご親切に有難うございます。
私は単純に記憶力が足りないのではないかと、思っておりますが、お励まし戴き有難うございます。
やはり、正しい歴史を知り、『古きを訪ねて、新しきを知る』ということもございますので、少しづつ、興味のあるところから、又、合わせて、現実の動きというものも知りながら、今を生かして頂ければ、嬉しいです。
何事にも興味を失わないようにしたいと思っております。
その為にも、良いブログは、為になります。よろしくお願い致します。
有難うございます。(;´∀`)
  1. 2012/06/09(土) 23:20:46 |
  2. URL |
  3. sachinotomo #1n9Tsjm2
  4. [ 編集 ]

sachinotomoさんへ

お返事、ありがとうございます (^^)

お名前、sachinotomoさんに改めたとのこと。
幸せのもとがあるようで、いいお名前ですね♪
幸せ、ほんの少しだけ、わけていただきたいなあ(^^)

ところで、お父さま、戦争中はニューギニア戦線に出征されていたとのこと。
よくぞ、ご無事で帰国されましたね。
ニューギニア戦の参加総兵力は、16万とも20万ともいわれ、このうち12万7600名、79%のかたが亡くなりました。
しかもそのほとんどは、戦闘によるものではなく、補給が途絶え、医薬品もないなかで、マラリアにおかされ、栄養失調のなかで、餓死したものたちです。
アジア太平洋戦争における悲惨な戦いといえば、ガダルカナル戦が有名ですが、ガダルカナル戦は上陸から撤退までおよそ半年間、これに対しニューギニア戦は、3年半、敗戦まで厳しい戦いが続きました。
戦死者の数も、ガダルカナルの2万人余に対し、ニューギニア戦は、その6倍の12万人以上。
お父さまも、島では、言葉では言い尽くせぬほどのご苦労をされてきたと思います。
それにもかかわらず、多くの日本人は、ニューギニア戦を知りません。
戦争がどれほど悲惨なものなのか、ニューギニア戦は、そのことを後世に語り伝える、とても大切な歴史だと思います。
お父さまがお元気なときに、たくさんお話を聞いておけばよかったですね。
できるものならば、ご一緒にお聞きしたかったです。
  1. 2012/06/10(日) 01:53:26 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する