光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 常紋の冬






常紋の冬 -20℃は日常だった




蒸気機関車 石北本線



連日 猛暑の東京 毎日ガリガリ君を食べてしのいでいるが それでも暑い

氷でもかじろうと冷凍庫をあければ ほんの一瞬 常紋の冬がよみがえる




D51+9600(後部補機)
石北本線 常紋信号所
1970年(昭和45)12月28日
Minolta SR1 TR-X



関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/31(火) 23:24:07|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:2
<<夏の空 | ホーム | 猛暑がしずむ>>

コメント

おはようございます。

ご無沙汰してます。
冬景色の常紋、涼しげでいいですね~♪
猛暑日イメージの写真もいいですが、こちらのほうがほっとしますね。

まだまだお忙しいのでしょうか?
最近幹撮りカットをお見かけしないのでちょっと寂しいです(^^)
  1. 2012/08/03(金) 08:16:26 |
  2. URL |
  3. cube #r13xZNus
  4. [ 編集 ]

Cubeさんへ

cubeさん、コメントありがとうございます (^^)

猛暑続きのなか、暑い画ばかりでは辛いだろうと、めちゃくちゃ寒い画をアップしてみました(^^)
とはいえ、常紋の寒さは、体験したものでないとわからないかもしれませんね。
なにせ素手で三脚もつと、指が貼り付いてしまうほどの寒さでしたからね。

そんな常紋と、50℃は温度差があるいまの東京。
さすがに炎天下で新幹線を待つのは辛い(^^;
しかも、いまは前期試験の採点に追われていて、撮影はおあずけ。
でも、夏の入道雲がモコモコ出てきたら、多摩川までちょこっと出かけて、撮影してきますね。
東北筋のE4も、まもなくラストランですしね。

  1. 2012/08/03(金) 21:08:27 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する