光と風のなかへ & 追憶の鉄路

ビルにはさまれた松本城






松本城の近く 大名町通りにある

松本城の形をした古本屋さん 「青翰堂書店」




青翰堂書店




なんでも昭和25年から5年間かけておこなわれた天守の解体修理のときに

お城を見られなかった観光客がかわいそうだと 店構えを改築したとか

当時はビルもなかったが いまではビルにはさまれて お城も窮屈そうだ

それでもこんな古本屋が近くにあったら 足繁く通ってしまうなあ




松本城




こちらは 本物の松本城

似てる!



信州 松本
2012.8.23.撮影


関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/08/28(火) 23:16:45|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0
<<天守から見た松本市街 | ホーム | 国宝 松本城 01 美しき水堀 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する