光と風のなかへ & 追憶の鉄路

線路は続くよ どこまでも






1時間に1本しか走らない大糸線

昨年度の1日の平均乗車数は3305名

JR東日本では 67路線のうち 39位の赤字路線
http://www.jreast.co.jp/rosen_avr/index.html




大糸線




それでもこのところ乗客数は微増している

観光路線として PRもしているのだから

もう少し本数を増やして利便性がよくなると

観光客にも使いやすくなるのだが



大糸線 穂高~有明
2012.8.24.撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/13(木) 01:14:34|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4
<<碌山美術館 02 | ホーム | 通学路 東横線渋谷駅の風景 04>>

コメント

安曇野の休日

安曇野が好きでよく行きましたが、いつも車ですね。
特に、目的もなくのんびりなんとなく一日を過ごしに行くのだから、大糸線を使ってもよさそうなものですね(^^)
  1. 2012/09/13(木) 22:42:16 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

大糸線

大糸線は赤字だけど乗客は増えているのですね。
観光路線としてのPRは、JR東日本だけかな?見たことないです。

若い頃はスキーに行く時、毎年利用していました、JRシュプール号♪ 
キャラクターの「ゆきまる君」のぬいぐるみ、今もあります。

久しぶりに来月、大糸線に乗車します。
  1. 2012/09/14(金) 11:13:13 |
  2. URL |
  3. Toko #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

このあたりは枯れ鉄さんの庭みたいなところでしょう。
のどかな風景が広がり、いい場所ですね。
だからこそ、のんびりとすごすのが一番なのかもしれませんが、学生の頃のように長い休みがとれるわけでもなく、短期間であちこちまわらなければならないとなると、やはり車がないと不便な土地だと思います。
夏休みやトップシーズンのあいだだけでも、臨時列車の本数を増やし、数年前からはじまった周遊バスの本数も増便すれば、観光客も使いやすくなって、リピーターも増やせると思います。
まだまだ改良の余地がありそうな路線ですね。



  1. 2012/09/14(金) 21:33:07 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

Tokoさんへ

Tokoさん、コメントありがとうございます (^^)

大糸線の観光PRは、主に雑誌やパンフが中心のようで、首都圏でもCMなどは流れていません。
ただ大糸線に導入されたE127系100番台の電車は、0番台がロングシートであるのに対し、観光路線であることを考慮して、北アルプスなどが見られる東側には、クロスシート(ボックス席)を設置しています。
これでもう少し本数が多いと使いやすくなるのですが。


>来月、大糸線に乗車します

今度は上高地、それとも黒部にお出かけかな。
Tokoさんのところからだと、名古屋経由でしょうか。北海道に行くよりも、時間的には遠い場所ですね。
トップシーズンもすぎて、紅葉にはまだ早いので、かえってすいていてのんびりできるかもしれません。
小樽に続く旅行記、楽しみにしています(^^)

ところで、まもなくオリンパスから、E-PL5が発表されます。
まだ正式発表前なので、細かなところまではわかりませんが、E-P3の良い部分と、E-PL3の良い部分をあわせたカメラになるとのことで、センサーもSONY製をつんで、これまでよりも高感度に強くなるそうです。
形は、写真で見た限りでは、E-PL3にグリップをつけただけのような形なので、大きな変化はみられません。
小型のE-PL3に、E-P3の高機能がついたら、魅力あるカメラになりそうですね。
正式発表は、9月17日を予定しているようです。
  1. 2012/09/14(金) 22:24:56 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する