光と風のなかへ & 追憶の鉄路

真夏の安曇野 大王わさび農場 01






都心の最高気温 20.6℃ (12:51) 天候 雨

そんな日に真夏の記事というのもあわないが

うだるような暑い日よりは かえっていいかな


そんなわけで真夏の思い出 安曇野編

きょうは 大王わさび農場


開拓着手は 大正6年(1917)

いまでは東京ドーム11個分の面積を誇るわさび農場だ


そこに広がる綠の世界を楽しみに出かけたものの

あらわれた風景は どこも 真っ黒けのけ!




安曇野 大王わさび農場




こっちを見ても 真っ黒けのけ!




安曇野 大王わさび農場




あっちを見ても 真っ黒けのけ




安曇野 大王わさび農場




なんでもわさびの葉は 強い陽射しにさらされると

すぐに黄色くなってしまうとか

このため 太陽の光からわさびを守るために

夏の間は 黒いネットをかけて保護しているのだという


そうとは知らず とっても残念!

ただネットの下には 綠のわさびが広がっていた




安曇野 大王わさび農場




流れる水は とても澄んでいて とても冷たい

環境庁の名水百選にも登録されている




安曇野 大王わさび農場




今度は 春か秋に 訪れることにしよう



安曇野 大王わさび農場
2012.8.24.撮影





にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/18(木) 22:49:27|
  2. 旅日記 長野県
  3. | コメント:0
<<渋谷川に沿って 東急5050系 | ホーム | コンデジで鉄道写真 京王井の頭線レインボー編成>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する