光と風のなかへ & 追憶の鉄路

清里の秋 萌木の村 03






萌木の村には たくさんの鹿がいる




清里 萌木の村




間伐材で作った 木の鹿だ




清里 萌木の村




11月にはいると赤いリボンにつけかえて

クリスマスを迎える準備にはいる




清里 萌木の村




リボンだけではない

萌木のクリスマスは

サンタが乗ったソリを引く

トナカイも登場する

その数 なんと30頭!




清里 萌木の村




一度 見に行きたいなあ




清里 萌木の村




ただ 寒いだろうなあ



清里 萌木の村
2012.10.25.撮影


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/02(金) 01:10:50|
  2. 旅日記 山梨県
  3. | コメント:2
<<コンデジで鉄道写真 渋谷駅で10000系 | ホーム | 清里の秋 番外編 高原大橋>>

コメント

”萌木の村”って以前清里に行った時には聞きませんでしたけど わりと最近出来たのかしら?

これは鹿さんなんですね
首におリボンを付けてもらって可愛らしいゎ^^

クリスマスのトナカイさん、見てみたいですが私はトナカイさんのように寒さに強くないのでちょっと無理ですね~^^;
  1. 2012/11/02(金) 22:36:08 |
  2. URL |
  3. 桜 #YiBduito
  4. [ 編集 ]

桜さんへ

桜さん、コメントありがとうございます (^^)

萌木の村は、レストランのROCKを中心に、オルゴール館付近までの広い敷地に展開しているショップの集まりです。
会社じたいは、1977年に設立されていますが、有名になってきたのは、夏に上演されるフィールドバレエが定着した90年代後半からでしょうか。
今度、清里にお出かけの時は、ランチがてら、立ち寄ってみてはどうでしょうか。
我が家の奥さまも、清里ではお気に入りの空間ですから、きっと桜さんも、気に入ると思いますよ。

ただ真冬は、寒いでしょうね。
なんといっても清里は、10月にはストーブがはいる土地ですからね。
でも、その寒さと、まわりの木立が、クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれるのかもしれません。
サンタさんとトナカイさんは、寒い土地のほうが似合いますものね♪

追伸
そうだった。すでに東武は和光市から乗り入れていましたね。
基本的なことを間違えるとは、鉄道ファンとしてお恥ずかしい ^^;
  1. 2012/11/02(金) 23:02:12 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する