光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 常紋の冬






日本一寒い町として知られる北海道 陸別町

5日午前6時半ごろに-30.2℃を観測したという

この冬 初めての-30℃越え

寒いというよりも 痛いという感覚だろう


そんな厳冬の町から44キロ北にある常紋も

-20℃はあたり前の世界だった


そのなかで ぼくは蒸気を待った

ポケットのなかのハクキンカイロを握りしめながら


やがて山々にドラフトが響きはじめる

一歩 一歩 大地を踏み固めるように蒸気がやってくる

その瞬間 ぼくは寒さを忘れて 夢中でシャッターを切っていた



      
蒸気機関車 石北本線




真冬の常紋 そこには

この季節に訪れたものしかあじわえない

素晴らしきドラマがあった


石北本線 金華~常紋信号所
9600(49634)+D51 貨レ
1970年(昭和45)12月28日
Minolta SR1 TR-X

この写真は 以前紹介した「常紋越え」の焼き直しになります また「常紋の魅力」の2コマあとのカットになります


鉄道コム<
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/06(日) 01:36:35|
  2. 追憶の鉄路 9600
  3. | コメント:6
<<夕暮れの街 | ホーム | 初富士2013>>

コメント

この場所は

いわゆる「三角山」の真下でしょうか?
かつてアンギュロンさんやイモンも登った
という・・・。
私は画面右手前から撮った記憶があります。
やはり9600補機時代は素晴らしいですね。
  1. 2013/01/06(日) 19:15:27 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

まこべえさん、こんにちは。
今年も宜しくお願い致します。。。

迫力満点ですね~。
大地の振動・巻き上がる水蒸気の流れが伝わってくるようです。
いくら寒い山の撮影でも-30度の経験はしたことがないです。
シャッターを切る指先の痛さも感じなくなるのでしょうね。
  1. 2013/01/06(日) 20:11:40 |
  2. URL |
  3. iwakagami23 #-
  4. [ 編集 ]

マイオさんへ

マイオさん、続けてのコメントありがとうございます (^^)

俗称「三角山」は、この少し先の山だったと思います。
ただ、まこべえが常紋を訪れた昭和45年頃は、「三角山」という名前は、聞いたことがありませんでした。
というよりも、まだこのころは常紋を訪れるファンは、そんなに多くはなかったのです。
このときも夜明け前のDCから降り立ったのは数名で、逆光のなかを登ってくる貨レを一緒に撮った覚えはありますが、この撮影場所には、まこべえのほか、誰もいませんでした。
まだ中学生だったうえに、一人旅でしたから、雪山に登って俯瞰しようとも思わず、常紋は、すべて線路端での撮影です。
その後、9600の補機が消える頃から、常紋人気が沸騰し、多くのファンが訪れ、「三角山」もいつしか「開拓」されて知れ渡るようになったのではないでしょうか。
常紋はこのあともう1回訪れていますが、その後、補機がDLにかわり、ファンも殺到しはじめたので、次第に根室や勇網、瀬棚など、あまり人がいかない場所に足場を移し、のんびりと撮影を続けたものです。
だから、最後の蒸気6778レも、激パを嫌って見送りませんでした。
それでも、いやそれだからか、あの日のクリスマスイブは、やけに寂しかったなあ。
  1. 2013/01/07(月) 21:14:15 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

iwakagamiさんへ

iwakagamiさん、コメントありがとうございます (^^)

厳寒の北海道では、革の手袋をしていましたが、撮影時は動作がにぶくなるので、いつもはずして撮影していました。
ただ、三脚をセットしようと素手で握ると皮膚が張りついてしまうので、手袋は不可欠でした。
またファインダーに息がかかると、すぐに白く凍ってしまうので、息をはく顔の向きにも注意が必要でした。
さらに巻き上げレバーをまわす時も、フィルムが切れるのではないかと、ヒヤヒヤしながら、動かしたものです。
当時はキャノンFTを使用していましたが、けっこう酷使したにもかかわらず、いつもきちんと動いてくれて、頼もしい相棒でした。
それでも、三脚の足は、1回折ったことがあります。
三脚の足って、こんなに簡単に折れるんだとと驚きましたが、スリックなら折れないと聞いて、高かったけれども購入しました。
たしかにそれ以来、三脚の足を折ったことはなく、それ以来、三脚はスリックと決めています(^^)
いまなら、三脚の前に、デジカメのほうが動かなくなるかもしれませんね。

今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2013/01/07(月) 21:44:20 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

おめでとう

「松の内は7日まで」って説もあるようですが
遅まきながら・・・
明けましておめでとうございます(^^)。
相変わらずのアンギュロンですが、今年もどうか温かい眼で見守ってやってくださいまし。

久々の追憶の鉄路・・・そして常紋。
キューロク補機というだけでなにか後光が差しているように感じますね(笑)。
  1. 2013/01/09(水) 23:33:50 |
  2. URL |
  3. アンギュロン #JnoDGgPo
  4. [ 編集 ]

アンギュロンさんへ

アンギュロンさん、コメントありがとうございます (^^)
お元気そうでなによりです。

常紋といえば冬、そして補機はやっぱりキューロクですよね。
狩勝には間に合わなかったけれど、キューロクがいた常紋やニセコ、そして大畑の力闘をこの目で見られたことは、まこべえ、幸せ者だったのかもしれません。
このごろは、梅小路で復活した2号機に、早く会いたい気持ちでいっぱいです。

ところで今年の後半、まだ時期は未定ですが、広島に行くかもしれません。
アンギュロンさんに、おいしい魚、おごってもらおうかな(^^)

今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2013/01/10(木) 01:20:46 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する