光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 笹川の村を行く






わずかな土地に よりそうように家が建っていた

新潟県村上市 笹川

いまはどんな感じになっているのだろう




蒸気機関車 羽越本線




D51 貨レ
羽越本線 桑川~今川信号所
1971年(昭和46)3月21日



鉄道コム<
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/07/05(金) 00:57:32|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:2
<<梅雨明け | ホーム | 熱海のニャンコ>>

コメント

羽越

昔は、蒸機の機種に拘っていたので、山陰線と同じC57、D51の走る羽越線は、良いなぁと思いつつも、撮影地の候補にすら挙げていなかったですね。
でも、さぞかしよい所だったのでしょうね。
  1. 2013/07/06(土) 20:46:21 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

この場所は、いま日本百景にも選ばれている「笹川流れ」
画面のすぐ右側には海が広がり、とても良い場所でした。
羽越には、C57のトップナンバーもいたので、候補にもあげなかったのは、ちょっともったいなかったかもしれませんが、お近くに山陰本線があれば、魅力はいまひとつだったかもしれませんね。

まこべえ、あのころは、蒸気が走る国鉄は、全線出かけよう、なんて思っていましたので、以前にもアップした矢島線とか、西日本では岩徳線とか、ファンがいかない場所もあちこち訪れました。
いまとなれば、良い想い出です(^^)
  1. 2013/07/07(日) 02:25:47 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する