光と風のなかへ & 追憶の鉄路

コンデジで仏像写真 愛染明王坐像






人間の愛欲や欲望は 身を滅ぼすこともある 

しかしそれはときに 生きるエネルギーにもなる

その愛欲のエネルギーを 悟りにかえて

仏心に導いてくれる愛染明王

その顔は 強い怒りをあらわす 忿怒相

仏敵をにらみつけ 人々を守る




愛染明王坐像




密教系の仏像は 法力を形であらわすが

この像も 獅子の冠をかぶり

左の第一手に 五鈷鈴(ごこれい)

右の第一手に 五鈷杵(ごこしょ)を握る

左右の第二手には 弓と箭

左の第三手は 拳(こぶし)を作り

右手には 未敷蓮華(みふれんげ)を持っていのだろう


もとは奈良にあった内山永久寺に伝来したという愛染明王像

近年の修理によって かつての荘厳さがよみがえった


連日 たくさんの いいね!クリック(「散歩写真」クリック) ありがとうございます
東京国立博物館の本館は 撮影禁止マークがなければ ノンストロボでの撮影は自由
館内は かなり暗いので 撮影条件は良いとはいえませんが 隠れた撮影ポイントです
きのうの千手観音は 西日がさすイメージで仕上げたものの 少し不自然な感じだったので 修正しました
きょうのコンデジで仏像写真は 愛染明王  恐い顔をしていますね
これからも いいね! と思えたら 右下の「散歩写真」のクリック よろしくお願いいたします



GX200
愛染明王坐像 鎌倉末 重要文化財
東京国立博物館 本館
2013.10.30.撮影


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/01(金) 23:19:54|
  2. お散歩カメラ
  3. | コメント:2
<<コンデジで仏像写真 十二神将立像 | ホーム | コンデジで仏像写真 千手観音菩薩坐像>>

コメント

宝石につい目がいって

愛染明王様、すばらしい写真です! まっすぐ正面から見据えられると、襟を正さなければ、と思いますね。わたし、この仏様撮らなかったみたいです。 機会があれば挑戦してみますね。 宝玉をたくさん身にまとわれて、なんともゴージャス! ありがとうございます。
  1. 2013/11/02(土) 21:33:12 |
  2. URL |
  3. Sapphire #v2qqKC6w
  4. [ 編集 ]

Sapphire さんへ

Sapphireさん、コメントありがとうございます (^^)

愛染明王は、千手観音坐像とは別な部屋にいらっしゃいました。
お顔を見るなり、撮影するなら、真っ正面!と決め、カメラの高さだけ調整して撮影しました。
最近の修理で、ガラスが磨かれ、混乱していた装飾金具もつけかえたそうですから、ついつい宝石のほうにも目がいってしまいますね(^^)
そんな人たちを、どこを見てんだあ!と一喝しているのかもしれません(^^)
修理が終わってようやく展示となった仏さまですので、次回、訪問されたら、ぜひ探してみてください。
ただ本館は頻繁に展示替えをおこなうので、公開中の時期にうまくあたるといいですね。
  1. 2013/11/03(日) 01:57:15 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する