光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 美利河






美利河 と書いて ピリカ

その美しい響きに誘われて降り立った春まだ遠き 北の大地

あれから40年 C11が活躍していた瀬棚線は廃止されてしまったが

あの美しき風景は いまも心に残る



蒸気機関車 瀬棚線



瀬棚線 美利河~花石
C11 貨レ
Canon FT
1974年(昭和49)3月21日 撮影


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/07(金) 00:26:39|
  2. 追憶の鉄路 C11
  3. | コメント:6
<<ちくわ天 | ホーム | 二ケ領用水の猫 熟睡中>>

コメント

北の大地

美しい追憶の鉄路、画像のコピーライト表記がより引き立てているように感じます。
まこべえさんのすばらしい画像なら、コピーライト表記も必要ですね。

「美利河 と書いて ピリカ」
地名も素敵です。
今もC11以外の景色は残っているのでしょうね。
  1. 2014/02/07(金) 11:05:03 |
  2. URL |
  3. Toko #-
  4. [ 編集 ]

たしか、

今月のRM広田さんのカレンダー、SLじゃないけれどあれ瀬棚線でなかったかな ?
蒸機うんぬん以前に今はもうない路線・・・よけいに胸がつまります。
  1. 2014/02/07(金) 20:44:56 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Tokoさんへ

Tokoさん、コメントありがとうございます (^^)

ピリカ、美しい響きでしょ。美しい河、というアイヌ語に由来するそうですよ。
蒸気を追いかけていた頃は、毎年のように冬と春に北海道に渡っていたのに、阿寒湖や摩周湖のような観光地には一度も行かす、ひたすらふつうの町や村、そして大地を歩いていました。
しかしそのおやかげで、素顔の北海道の美しさ、厳しさにふれることが出来たと思っています。
ピリカという土地も、観光ではまず訪れませんものね。
それどころか、蒸気を追いかけていた仲間たちも、あまりこの路線までは行きませんでした。
だから大自然を独り占め! とっても寒かったですけどね(^^)

ところでオリンパスから超薄型のE-M10が、2月末に発売されます。
かなり小型のようなので、EーPLからの乗り換えを考えているTokoさんには、ちょうどよい大きさかもしれませんよ。
オリンパスのHPで紹介しています。
  1. 2014/02/08(土) 00:47:21 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、連投コメントありがとうございます(^^)

RMは、いつも立ち読みなので、附録のカレンダーまではしっかり見てきませんでしたが、瀬棚線でしたか。
でも、広田さんは、蒸気の頃は訪れなかったようですから、DCですね。
しかしいまはその瀬棚線も消えてしまいました。
東北でも、岩泉線に続いて、山田線まで危なくなってきましたね。
たしかに赤字路線でJR東には負担も大きいでしようが、どうもこの会社、採算のあわない鉄路は次々と切り捨てていくという姿勢が好きになれません。
高齢化社会が進行するなかで鉄道事業の重要性は高まっていくのですから、もう少し鉄道事業者としての責任を自覚して、廃止ありきの姿勢は改めてもらいたいものです。
  1. 2014/02/08(土) 01:06:18 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

一目みて

湧網線かと思ってしまいましたが瀬棚線でしたか。
左手は疎林、右半分の築堤? でのサイド撮影ってお洒落ですね。

くろくまは茶屋川寄りで撮影しました。
  1. 2014/02/09(日) 18:51:06 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

くろくまさんへ

くろくまさん、コメントありがとうございます (^^)
こうしてまたコメントを寄せてくれること、とても嬉しく思います。

あのころの瀬棚線は、室蘭方面がさわがしなっても、訪れる人も少なく、静かに、好きなように撮影が出来ましたね。
とくにこの場所は、右手方向から山を登ってくる列車が見渡せて、お気に入りの場所でした。
茶屋川側は行かなかったのですが、瀬棚まで行って日本海をバックに撮影しなかったことが今も悔やまれます。

「追憶の鉄路」、これからも月1~2回のペースで更新していきますので、ときどきは近況をお知らせください♪
  1. 2014/02/09(日) 23:22:25 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する