光と風のなかへ & 追憶の鉄路

きょうのバラ  ブラン・ピエール・ドュ・ロンサール






ブラン・ピエール・ドュ・ロンサール  生田緑地ばら苑



生田緑地ばら苑
2014.5.23.撮影


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2014/05/29(木) 00:39:43|
  2. 薔薇のかおり
  3. | コメント:2
<<コンデジで鉄道写真 銀座線1000系 | ホーム | ぐるぐる眼鏡にとんがり帽子>>

コメント

ブランは白

まこべえさん、こんにちは。
以前「追憶の鉄路」シリーズ【40年前の「今日」へ】でコメントさせてもらったものです。
鉄道趣味以外に、現在はバラ作りも趣味の一つにしております。
写真の「ブラン・ピエール・ドュ・ロンサール」は「ピエール・ドュ・ロンサール」の枝変わり種で、咲くにつれて白一色になると言われていますが、真っ白なのを見たことがありません。確かに既に淡いピンクで、「ブラン」と言えなくはありませんが、この後もっと白くなるのでしょうか? もし、そんなのを見つけたら、アップしていただけると嬉しいです。
小生のバラ作りは原種指向で、「バラ作り」というよりは、「ロサ作り」と言った方がよいです。
  1. 2014/05/29(木) 12:59:54 |
  2. URL |
  3. こあらま #0dudsR1Y
  4. [ 編集 ]

こあらまさんへ

こあらまさん、ご無沙汰です。コメントありがとうございます (^^)

バラに囲まれての生活、羨ましい限りです。
私は、何を育てても、最後は枯れさせてしまうので、もっぱら見て、楽しむ専門です ^^;
ブランは、おっしゃるように、フランス語で白のことなので、このバラも、最後は白くなるそうですが、私も真っ白になった姿は、見たことがありません。
ただ、まわりの花びらは、白に近くなるので、少し遠目で見ると、白っぽく見えるときもあります。
もしかしたら、そのあたりから「ブラン」という名前がついたのかもしれませんね。
バラの専門家ではないので、ただの素人考えですが、中心部に淡いピンクを残して、完全な白にはならないのではないでしょうか。
それでもどこかで真っ白なブラン・ピエール・ドュ・ロンサールを見つけたら、このブログでアップしますね♪

  1. 2014/05/29(木) 20:36:22 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する