FC2ブログ

光と風のなかへ&追憶の鉄路

E-M1で多摩川






仕事前に OLYMPUS E-M1のファーストショット

二子玉川駅のホームから見た多摩川の風景

全く手を加えていない JPEGの撮って出し 設定はナチュラル

見た目に近い 自然な色合いだが

FUJIFILMのように JPEGでも十分 とはいえないかな




多摩川

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
SS1/320 F11 ISO200 +0.3補正 WBオート 換算44㎜




仕事帰りに多摩川に立ち寄ってセカンドショット

シーンセレクトAEの「夕日」で同じく撮って出し




多摩川 夕景

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
SS1/1600 F9 ISO200 -0.7補正 WBオート 換算28㎜
この写真は ここをクリックすると大きな写真でご覧になれます




この設定だと露出も補正も全く効かないらしい

これでも綺麗だが NikonやFUJIFILMの色を見慣れていると

色味がだいぶ違う このカメラはやはりRAW撮りが基本かな

と思ったら なんとRAWだと 3:2に設定できない

これにはびっくり! ?マークが 100個ぐらいつく

OLYMPUSはみなこの仕様らしいが

フラッグシップ機でも設定できないとは なんでだ?

これではファインダーで構図を作る意味がない

なんでも 同じマイクロでも パナソニックは出来るらしい

このカメラの設計者 フィルムで撮影したことがあるのだろうか 

レンズ資産を生かすために パナソニックを買い足すか

早めにドナドナして FUJIFILMに買い直すか

それとも重たいけれど 使い慣れたNikonに戻るか

まさかこんなところに落とし穴があったとは

もう少し使いながら 考えて見るかな


追記

Lightroomで現像すれば3:2で切り出してくれるという

それなら安心  今度 試してみるかな




OLYMPUS
多摩川
2014.7.12.撮影


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
関連記事

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/13(日) 13:09:53|
  2. 多摩川だより
  3. | コメント:2
<<スーパームーンの翌日の月 | ホーム | OLYMPUS E-M1>>

コメント

OLYMPUS

まこべえさん、こんばんは。

OLYMPUS E-M1 お買い求めになられたのですね。
先日から、コメント書かなくてはと思いながら、いろいろ忙しく~
週末は、特にじっくりPCの前にいる時間も少ないですし(笑)

シーンモードでは、まったく設定できないのはフラッグシップ機のE-M1も同じなのですね。
PL-1の時はできなくて、E-M10になったらできるかなと思ったけど同じでした・・・
PL-1の時にコメントに書いたこともありましたが、パノラマ撮影するとVividに設定されていて変更できず、レンガの建物の赤みが強くなってしまいます。
これもE-M10になっても変わりません。3:2にもなりませんね。。。

ずっと前にOLYMPUSに聞いた時は、シーンモードは、そのシーンに最適の設定にしてあるので変更できませんと言われたけど、最適の設定?なのかと疑問です。

それと、シャッターを半押ししている時、シャーという音がします。
一度聞いてみないといけないなと思っているのですが~

主人のNIKONのレンズが1年の間に2度も故障して、旅先で急に使えなくなったりと、ちょっとトラブル続きです。。。

RAW撮りで、3:2に出来ないのですか???
それは、本当に疑問ですね。
シーンモードなら初心者向けで変更できないというのは、まだ理解できるけど
RAWで撮られる人は、すべて自分の思うとおりに撮影設定編集されたい人が使うのでは??

今、E-M10でみてみたら、RAWで3:2にできます。何か意味が違うのでしょうか。
  1. 2014/07/14(月) 21:10:36 |
  2. URL |
  3. Toko #-
  4. [ 編集 ]

Tokoさんへ

Tokoさん、コメントありがとうございます (^^)

NikonのDf、FUJIFILMのX-T1と最後まで悩みましたが、軽さとコンパクトさに惹かれて、E-M1、ついに買ってしまいました(^^)
多機能すぎて、取説を読み込まないと、カメラの評価はまだできませんが、それでも、?という部分があちこち見つかり、やっぱりFUJIFILMのほうが良かったかな、とちょっぴり後悔しています。
もっとも、かなりカスタマイズできるので、これから少しずつ調整して慣らしていこうと思います。
ただ、カメラとしての完成度は、やっぱりD7100のほうが上ですね。
重たさが気にならなければ、Nikonを使い続けたいところですが、旅行などで荷物を軽くしたい、しかし少しでもレンズは多く持っていきたいとなれば、現状では、OLYMPUSがベストなシステムかと思われます。

ただ、RAWが3:2に対応していないのには、びっくりしました。
もちろん3:2で撮影は出来るのですが、元画像は4:3で記録されてしまうので、あとで3:2にトリミングして切り出す必要があります。
これは、E-M10も同じ仕様です。
コンデジからデジタル撮影をはじめた人は、違和感はないでしょうが、古くからフィルムで撮影してきた人間からすると、これはとても困った仕様です。
シーンモードは、使わなくてもすみますが、これはなんとかしてもらいたいものです。

なお、シャーという音は、OLYMPUSのボディ内の手ぶれ補正が効いている音で、E-M1でもします。
5軸の手ぶれ補正は、かなり強力で、この補正と、センサーにゴミがつきにくい点が、OLYMPUSの最大の売りなので、これは慣れるしかありませんが、静かなところでは、ちょっと耳障りですね。

ちなみに、ファインダーの見やすさは、EVFのなかでは断トツかと思いますが、動きものの残像の少なさは、E-M10のほうが良くなっています。
ここは、新製品の強みです。
このため、長いレンズを使用せず、防塵防滴にこだわらなければ、E-M10のほうが、旅カメラとしては最適かもしれません。

デジタルカメラとしては、はじめてのOLYMPUS製品なので、これから使いこなしていくと、このカメラの良さもわかってくるかもしれませんが、カメラとしては、いつも持ち歩いているFUJIFILMのX20のほうが気に入っています。
このため、E-M1、高い買い物でしたが、どれだけ活躍してくれるか、いまだ未知数です。
いつのまにか、Nikonに戻っていたりして ^^;
  1. 2014/07/15(火) 03:01:44 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する