光と風のなかへ & 追憶の鉄路

沈みゆく夕陽






仕事から帰ってふと空を見ると

大きな太陽が沈もうとしている

玄関をあけてカバンを降ろすやいなや

カメラに望遠レンズをつけて オレンジ色の空へ向けたが

時すでに遅く 半分以上 隠れてしまった

夕陽が沈むのは ホントに早い




夕陽




もっとも地球の回転速度はかわらないから

早く沈むのは錯覚にすぎないのだが




Nikon
2015.3.28.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2015/03/28(土) 23:50:57|
  2. 空のキャンバス
  3. | コメント:0
<<春の多摩川 | ホーム | 桜だより2015 密蔵院の枝垂れ桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する