光と風のなかへ & 追憶の鉄路

表参道が燃えた日






若者たちが行き交う表参道




表参道 石灯籠




70年前の今日 5月25日の夜

このあたりは 空襲で焼き尽くされた




表参道交差点




空襲警報の発令は22時22分

襲ってきたB29は464機

落とされた焼夷弾は3258トン

死者3242名 負傷者1万3706名 




表参道交差点




201本あった表参道のケヤキは音をたてて燃えあがり

焼け残った木は わずか10本ほどだったという




表参道 戦後に植え直された欅並木




3月10日の東京大空襲と比べれば死者の数は少ないが

130回にも及んだ東京空襲のなかでは二番目の被害

落とされた焼夷弾にいたっては大空襲のほぼ倍だ

罹災者も55万9683人に及び

赤坂区は83.7% 渋谷区も76.8%が罹災した

これで焼け残っていた東京の市街地は ほぼ壊滅する

このため米軍は これ以降 大規模爆撃リストから東京をはずした

その意味で5月25日の空襲は 東京にとどめをさす空襲だった




安田銀行の跡地に建つみずほ銀行

たくさんの焼死体が折り重なっていた安田銀行の跡地には いまみずほ銀行のビルが建つ




翌日 表参道から明治神宮に続く道は

黒こげの遺体で埋め尽くされていたという

交差点のところにあった安田銀行の前には

閉ざされていた扉に殺到した人々の焼死体が

山のように折り重なっていた

それは熱風が渦になって人々を巻き上げ

壁に沿って積み上げられたものだという

銀行の外壁には人の手の跡や遺体から出た脂がこびりついて

何度洗っても消えなかったという話も残る

(『表参道が燃えた日』『続表参道が燃えた日』表参道が燃えた日編集委員会)




表参道 石灯籠




その前にいまも建つ石灯籠にも血と脂が黒く滲みこみ

欠けた箇所は焼夷弾が着弾した痕になる




表参道 石灯籠




青山脳病院の院長の息子だった北杜夫は

のちに空襲被害の状況をこう語っている

空襲の後 自転車を借りて青山通りを走らせました

板をかぶせただけの粗末な防空壕があって

軍隊の人が生焼けになっている死体を放りだしていました

神宮外苑は ピラミッド状に死体が2カ所積み上げられていた

(『朝日新聞』2010年11月9日夕刊)


一方 炎のなかで助かったものたちもいた

そのなかには鉄筋3階建ての山陽堂書店に逃げ込んで

命を救われたものたちが100名ほどいた

その建物はオリンピックの道路拡張で三分の二になってしまったが

いまも表参道の交差点の角に残る




表参道 山陽堂書店




その向かい側 かつて安田銀行が建つ場所には

いま みずほ銀行の新しいビルが建つ

その前に設置された供養塔に きょう花束が捧げられていた




戦災犠牲者追悼碑




しかし その花束に気がつく若者は皆無だ

だからこそ戦争の恐ろしさを語り伝えていくことが

いま最も大切だと思われる


表参道近くに住んでいた泉宏さんは

空襲の体験記の最後にこう記している

今の為政者達は実体験もなく

戦争の実態を抽象的に捉えているだけではないだろうか

彼等を炎の中を駆けさせてみたい

(『表参道が燃えた日 山の手大空襲の体験記』)


戦争法案の成立をめざすすべてのものたちに

この言葉を投げかけたい




戦争犠牲者追悼碑




FUJIFILM X20
東京都渋谷区 表参道
2015.5.25.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2015/05/25(月) 23:09:26|
  2. 街の日記
  3. | コメント:13
<<紫陽花 多摩川台公園 2015 01 | ホーム | 河川敷のパフォーマンス>>

コメント

私は、

北杜夫さんの大ファンで、今でも「楡家の人々」での
青山空襲のシーンは忘れられません。

今年は、敗戦から70周年という節目の年。
8月には父の名が慰霊碑におさめられてから初めて、広島へ行くつもりです。



なんた、翌日には山口でC571に逢ってるんですけれどね〜 !? (核爆) m(_ _)m
  1. 2015/05/26(火) 23:46:24 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、コメントありがとうございます (^^)

楓ちゃん、北杜夫さんのファンならば、青山の空襲はよくご存知でしょう。
青山脳病院も、この空襲で焼けましたが、軍国少年だった北杜夫さん、のちに空襲翌日の街の状況を見て、「人間が滅ぶ前兆のような気がしました」と語っています。
しかし『楡家の人々』では、「勇敢さというかな、アメリカ憎しや、愛国心を強調」して書かれたそうです。
そんな時代に逆戻りしないようにすることが、私たち大人の務めだと思います。

夏の広島、ぜひ慰霊碑にお詣りしたあとは、リニューアル中の広島平和記念資料館も見学されて原爆の恐ろしさを追体験されてください。
もっとも、シゴナナが本命で、広島はついでかな、なんてことはないよね(^^)
  1. 2015/05/28(木) 00:54:12 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

どちらも本命ですよ〜 (汗)

原爆資料館は今から32年前に一度行ってます。
個人的にはぜひ見たいのですが、今回は団体行動ですので残念ながら時間が取れるかは ??? です。
  1. 2015/05/28(木) 11:31:29 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

表参道

表参道=お洒落
そんな感覚でしか、思ってませんでしたから、こういう戦争の傷跡が今も残っているとは知りませんでした。
東京大空襲や、広島、長崎の原爆は知るところでありますが、その他については不勉強ですね。
表参道の今も大事ですが、かといって過去を忘れるてしまうことも大事だと思います。特に、戦争という取り返しのつかないことは・・・・
  1. 2015/05/28(木) 12:48:55 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #V5TnqLKM
  4. [ 編集 ]

Re:表参道〜

原宿は〜 ♪

広島育ちのたくろうに憧れて、何も知らずにお上ってた1970年代後半。
原宿ペニーレインでバーポン頼んで、大人になった気してました・・・(>_<)
  1. 2015/05/28(木) 19:45:55 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓チャン、連投コメント、ありがとうございます (^^)

平和記念資料館、32年前に来訪していましたか。
それなら今度は、2018年にぜひまたお出かけください。
本館・東館が改修されてグランドオープンします。
そのころには山口線だけではなく、姫新線でも蒸気に会えるかもしれませんよ(^^)

原宿のペニーレインとは、また懐かしいお店が出てきましたね。
あのころは、バーボンがはやっていて、ハーパー、よく飲みました(^^)
ペニーレインは、いまは餃子のお店になってしまいましたが、何年か前に、また近くに開店したそうです。
原宿は、生まれ育った街で、いまも実家がありますが、東京オリンピックまでは静かな街でした。
オリンピックで大きくかわり、拓郎がペニーレインを歌っていたころが、一番良い時代だったような気がします。
いまは、異次元空間になってしまったため、竹下通りなどは近づかないようにしています(^^;


  1. 2015/05/28(木) 21:29:07 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

東京は、何度も空襲にあっているため、70年たったいまも、戦争の傷跡をどこかに残しています。
戦争を知る世代が少なくなるなか、こうした戦争遺産は、しっかりと残しておきたいものです。
ただ、この石灯籠、そのすぐ脇がいま喫煙所になって、タバコの臭いと煙が充満しています。
石灯籠にすれば、戦火のつぎは車の排気ガス、そして今度はタバコの煙と、休まるときがなかったかもしれませんね。
  1. 2015/05/28(木) 21:51:52 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

連々コメ m(_ _)m

じゃあ、まこべえさんって「風街ろまん」(はーぴえんど) の光景がわかる人、なんですね〜 ♪ かっけーなぁ〜 
知っての通り、作詞の松本隆は青山の人。作曲の細野氏は白金の人。ギターの鈴木氏は世田谷の人。
そしてそして、我が高校の(1年てせ放校された)大先輩大瀧詠一氏だけが、何故か岩手の人だったです m(_ _)m
  1. 2015/05/28(木) 22:01:15 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

風街ろまん ばぃ はっぴーえんど

https://www.youtube.com/watch?v=C2vTNqgxK1w
  1. 2015/05/28(木) 22:10:19 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、連々投コメント、ありがとうございます (^^)

へニーレインに続いて、「はっぴいえんど」とは、また懐かしい!
ただ、あのころは、好みが違ったのか、彼らのレコードは、あまり聞かなかったなあ。
だから、風街ろまんも、言われてみれば、そんなアルバムあったなあ、と思う程度で、その光景がわかるか、といえば、よくわかりましぇん ^^;
ただ、ユーチューブの構成は、8ミリで撮影して、どこか懐かしい世界観に仕上げていますね。
コメント欄も好意的なものが多いようです。
それでも、あの時代を生きてきた人間からすると、総武線が101系じゃなかったり、スマホが登場したり、女の子の髪型が違うなど、やっぱりイメージが違うんだよね。
それにしても、なんでこんなヒゲずらの男に、こんなかわいい彼女がいるの。
そっちのほうが違和感いっぱいだったりして(^^)
  1. 2015/05/29(金) 18:38:57 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

このyoutubeの画像はレトロ風に8mmで撮られた後付けのようですからあまり関係ありません、気にせんでくだせい m(_ _)m

歌の作詞を手がけた青山在住だった松本隆はオリンピク道路工事の為に家を退去させられたのだそうです・・・そんな1964年以前のようやく焼け跡から復興した青山〜表参道あたりの景色がこの「風街ロマン」には込められているんだそうです。
  1. 2015/05/29(金) 20:45:56 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

何度もごめんなさい。

でも、楓ちゃんにとっての表参道は、こちらの方の「風の街」・・・
https://www.youtube.com/watch?v=LVD3qGSQ-Qw
1975年の夏、苫小牧の駅前旅館での歌がタイトルの「あこがれ共同体」を見てました !?
そして、翌年の夏は表参道で青春を過ごしておりました (笑)
  1. 2015/05/29(金) 20:58:09 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、連連々投コメント、ありがとうございます (^^)

「あこがれ共同体」という番組、実ははじめて知りました。
どんな番組か調べてみたら、原宿・表参道が舞台だったんですね。
「太陽にほえろ」の裏番だったようで、このころはずっと「太陽にほえろ」を見ていたので、全く気がつきませんでした。

ただ、「風の街」は知っていますよ(^^)
拓郎はよく聞いていたし、なによりかぐや姫のファンでしたからね。

1976年の夏ならば、まだ竹の子があらわれる前なので、一番よかった頃でしょう。
私もそのころ、ハーパー飲みながら、青春していました(^^)
  1. 2015/05/30(土) 03:04:53 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する