光と風のなかへ & 追憶の鉄路

「金太郎」と「桃太郎」






前回のブログ記事で紹介した赤い機関車

「桃太郎」と書いてしまったが 正しい名前は「金太郎」

楓ちゃんに指摘されて はたと気がついた(汗)




EH500 金太郎




「桃太郎」は 青い機関車




EF210 桃太郎

EF210 桃太郎




「金太郎」と「桃太郎」を間違えるとは

だいぷ頭もボケてきたらしい(大汗)




EH500 金太郎




EH500 & EF210
さいたま新都心~大宮

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/11(木) 02:07:55|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:4
<<追憶の鉄路 雪の峠越え | ホーム | 「金太郎」がやってきた>>

コメント

いやいやいや、

「桃太郎」より「金太郎」の方が好き !
っと言われて嬉しかったでし ♪ 身びいきですけど・・・ (笑)
  1. 2015/06/11(木) 21:42:25 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、コメントありがとうございます (^^)

東北の物流を支える「金太郎」!
見るからに重そうで、地響きにたてて近づく姿が最高です!
我がNゲージの車輌基地にも、デーンといすわっています(^^)
  1. 2015/06/11(木) 23:21:13 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

桃太郎と金太郎

直流区間では桃太郎、交直区間では金太郎が幅を利かせて、ちょっぴり厄介なやつですが、最近はだんだん撮りなれてきて、歓迎してます(笑)
金太郎はその大きさゆえの迫力があり、先日は九州で撮ってきました。
あまり、進出されるとEF81が駆逐されてしまいますので、この程度の増備で打ち止めしておいていただけるとうれしいですが。
  1. 2015/06/12(金) 09:54:45 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、連投コメント、ありがとうございます (^^)

金太郎は、いかにも力持ち、という感じで、恰好いいですね。
とはいえ、たしかに増備が進むと、国鉄型の機関車が淘汰されてしまうので、このあたりで打ち止めが一番かもしれませんね。
それにしても枯れ鉄さん、ついに九州にまで進出してしまうとは。
このところのエネルギッシュな行動パターンは、どう見ても「枯れ鉄」ではありません(^^)。あえて言うなら「萌え鉄」かな。

その九州出陣のあいまに撮られた冷水峠のお写真。懐かしかったあ!
その風景をながめながら、このあたりは、あまりかわっていないなあと、しばし感慨にひたっておりました。
それでもボタ山は、緑の山に姿をかえ、まわりの風景にすっかり同化してしまいましたね。
地元でも、若い人は、もう「ボタ山」という言葉すら、知らないかもしれません。
やはり45年の歳月は、短いようで、長いですね。



  1. 2015/06/12(金) 22:22:49 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する