光と風のなかへ & 追憶の鉄路

「挑戦者」なのか―70年目の敗戦の夏に考える






「侵略」「植民地支配」「痛切な反省」「心からのおわび」

この4つのキーワードだけは言いたくない

しかし 言わなかったら内外から批判を浴びる

そのことで これ以上 支持率が下がったら

審議中の戦争法案に大きな支障がでる

そこで言葉は入れるが 自らの意見としては語らない

有識者懇談会を「歴史の声」という形にして

自分はイヤだったけれど しかたなく受け入れた

そんな印象が強く残った安倍くんの戦後70年談話だった


安倍くんとしては ぎりぎりの妥協点だったのだろう

政権に対する女性の批判が強いことを意識したのか

「女性たちの心に常に寄り添う国でありたい」との言葉も挿入された

「罪もない人々に計り知れない損害と苦痛を我が国が与えた事実」

「自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去」といった言葉を書き連ね

村山談話・小泉談話を踏襲する姿勢を明確にしたうえで

「これからもゆるぎない」と宣言したことは 一応は評価してもよいだろう


「謙虚な気持ちで過去を受け継ぎ未来へと引き渡す責任があります」

この言葉も 過去をどう受け継ぐかが問題なのだが 趣旨には賛同したい

「和解のために力を尽くしてくださった すべての国々 すべての方々に

心からの感謝の気持ちを表したい」と明記したところも評価してよいだろう


このように安倍くんが村山談話の上書きをめざしながらも 

最後は 安倍カラーを抑制せざるを得なかったのは

安倍批判を強める多くの国民の声にたじろいだからだ

国民を舐めるとどうなるか 安倍くんも少しは自覚しただろう


しかし 戦後70年にふさわしい談話になったかと言えば 否だ

何より焦点がぼけてしまったため 村山談話から後退してしまった


たとえば「戦時下 多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけ」とあるが

いったい誰が 彼女たちの尊厳を傷つけたのか

「戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さん」とはあるが

いったい誰が 中国人に苦痛を与えたのか

いずれも主語が巧妙にぼかされている 


「中国人の皆さん」のあとに続けて

「日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜」とあるが

なぜこの「日本軍によって」を「中国人の皆さん」の前にもってこないのか

しかも 日本軍によって苦痛を受けた元捕虜とは

「米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜」とあることから

「苦痛を受けた元捕虜」が 彼らをさすことは明白だ

欧米への行いには日本軍の横暴をきちんと明記するが

中国や朝鮮半島の人々へは あいまいな形にする

いかにも安倍くんらしい書き方だ


また戦争被害者に思いをよせる大切さを述べたうえで

それを「心に留めなければなりません」としながら

なぜ引き揚げや残留孤児の話題になるのか 意味がわからない

むしろこの部分の冒頭に さきほどの

「罪もない人々に計り知れない損害と苦痛を我が国が与えた」こと

という一文をを明記すべきだった


このように 安倍くんの談話は 文章の配列をかえて

主語を明確にすれば 良い談話になった

しかし 意図的に焦点をぼかしたために

文章は長いが 中身のうすい内容になってしまった

まさに出来の悪い学生のリポートを読んでいるようだ

したがって村山談話を越えて 歴史に残ることはないだろう


その点 村山談話は 歴史の事実にきちんと向き合っていた


わが国は 遠くない過去の一時期 国策を誤り

戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ

植民地支配と侵略によって、多くの国々

とりわけアジア諸国の人々に対して

多大の損害と苦痛を与えました


この村山談話にある「国策を誤り」という言葉も

(英文は「following a mistaken national policy」)

安倍くんは 「進むべき針路を誤り」と書き換えている

(英文は「Japan took the wrong course」)

そればかりか 日本が「針路を誤」った背景として

世界恐慌を契機とする欧米諸国によるブロック経済をあげ

そのことで日本が追いつめられた という文章になっている

ここは「日本の侵略」を認めたくない安倍くん特有の

誤った歴史認識がよくあらわれている


資源・市場・資金を米英に大きく依存していた当時の日本では

すでに二つの路線が存在し その間で揺れ動いていた

ひとつは 対米協調路線

彼らは 米英との協調を保ってこそ日本の将来があると考え

対中国政策も経済進出による拡大を重視すべしと主張していた

これに対峙していたのが 英米対決路線である

彼らは米英に対する依存を克服しなければ日本の将来はないと考え

アジアでの自給自足圏の建設をめざし

対中国政策では軍事力の行使も辞さずと主張していた


このうち世界大戦後の1920年代は協調路線が主流だったが

世界恐慌(1929)を機に 反米英的・現状打破路線が急成長する

そしてワシントン体制への打破を叫ぶようになっていくのだ
          

ただし この異なる二つの路線も

満蒙の特殊権益を擁護し ソ連を敵視する点では

共通した考えをもっていたことを見落としてはならない


だから中国で北伐と国権回復の動きが高まると

日本は山東地域に対して軍事力を行使し(1927~28年)

満州占領をめざして張作霖の爆殺(1928年)まで強行した

いずれも世界恐慌(1929)が起きる前の出来事である


こうした安倍くんの誤った歴史認識は

日露戦争の評価にもあらわれている

談話のように 方向性を誤り 敗戦に至るプロセスで語るならば

日露戦争の勝利を賞賛するのではなく

日露戦争によって日本は大陸に足かがりを築き

その後の大陸侵略の方向性を形づけた と明記すべきだろう


「新しい国際秩序」への「挑戦者」(a challenger)もいただけない

「挑戦者」の言葉は談話のなかで2回も使っているが

ワシントン体制の打破をめざしたのだから

ここは「破壊者」(a destroyer)でなければならない


安倍くん 「歴史に謙虚でなければなりません」と言いながら

談話の内容に それが反映されていない


村山談話にあった近現代史における「歴史研究を支援」する言葉

小泉談話にあった「平和を志向する教育」を希求するという言葉

こうした研究や教育に関する言葉も 安倍くんの談話からは消えてしまった

戦前の教育を反省し 平和を志向する教育をめざす

ここは とても大切なところだが

戦後の歴史教育に批判的な安倍くんとしては 言いたくないのだろう


そのかわり 安倍くんは 戦争を知らない世代には

「謝罪を続ける宿命を背負わせ」ないと明言した

しかし 本当にそう思うなら まずは 歴史に真摯に向き合い

誠意ある態度で相手の気持ちに寄り添うことが大切ではないか

「心からのおわび」を明記した村山談話が出されたあとも

歴史に真摯に向き合わない政治家が問題発言をくり返し

安倍くんのように村山談話や教科書をを批判するものがいるから

日中関係や日韓関係は いっこうによくならないのだ

安倍くんは そこのところをしっかりと自覚する必要がある


そのためにも 今回は安倍くん自身の言葉で

4つのキーワードを入れた談話をきちんと出すべきだった

それがイヤなら 出さなければ良かった

あるいは 本音を語って あちこちから集中攻撃を浴び

ついには退陣を迫られる というシナリオも ありだったかな


そんななか 談話をよく読むと 村山談話には明記されたが

小泉談話では弱められた表現が復活している

それが「核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し」という一文だ

しかし 安倍くん 核武装論者だったよね

いくら平和主義者を装っても 戦争法案の成立をめざす以上

国民は 簡単にはだまされないよ


そんななか 全国戦没者追悼式において 天皇は

みずからの「お言葉」として「さきの大戦に対する深い反省」を述べ

「反省」を口にしない 安倍くんとは一線を画した

そればかりか 天皇は 日本が国民のたゆみない努力と

「平和の存続を切望する国民の意識」に支えられて

平和と繁栄を築いたとも述べられている


戦争の惨禍を経験し 平和憲法の大切さを自覚されている天皇は

昨今の右傾化する日本に 相当な危惧をいだかれているのだろう

それは しばしば発せられる「お言葉」からひしひしと伝わってくる

国民にたえずメッセージを送っているのだ

戦争法案の可決をめざす安倍くんは

そのあたりをきちんとわかっているのかな




8月15日の空

敗戦から70年目の空 FUJIFILM X20 ダイナミックトーン



関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/15(土) 15:56:09|
  2. 戦争を語り継ぐ
  3. | コメント:2
<<金魚すくいの日 | ホーム | 『レッドクロス 女たちの赤紙』の印象 完結編>>

コメント

平和を我らに!

@Kaede9633: Give Peace A Chance - John Lennon 平和を我らに 2015.8.15 http://t.co/6ZuCG7ZLg4
  1. 2015/08/15(土) 21:25:43 |
  2. URL |
  3. 楓ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

楓ちゃんへ

楓ちゃん、コメントありがとうございます (^^)

しかも、「Give Peace A Chance」とは、懐かしい!
ベトナム戦争の反戦歌と言えば、これですね。
でも、あのころよく歌っていたのは、ジョーン・バエズの「We Shall Overcome」でした。
いずれにしても、今年も敗戦の日に(正式には9月2日ですが、帝国の崩壊はここからはじまるので)、不戦の誓いをたて、戦争法案の阻止、さらには安倍政権打倒をめざします!
ところで、ツイッターを見ていたら、6日の日、栗原市で車を止めて黙祷している楓ちゃんがいました。
けっこう頻繁に発信してますね(^^)
アリイの箱、楓ちゃんが撮っていたとは、いまさらながらびっくり!

  1. 2015/08/16(日) 00:20:11 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する