光と風のなかへ & 追憶の鉄路

なんというか 脱力感






共同通信社 44.2% 37.0%

産経新聞社 57.3% 31.1%

読売新聞社 48%  34%

朝日新聞社 40%  31%


いずれも戦後70年にあたって

安倍くんが発表した談話に対する

各社報道機関による世論調査の結果だ

左が「評価する」 右が「評価しない」


安倍くんのお友達の産経と読売の「評価」が高いのは当然として

談話をバッサリ斬った朝日ですら高いことに しばし愕然


国民はあの談話をきちんと読んだのか

文章の構造とカラクリをきちんと理解したのか

「敵として熾烈に戦った」のが「米国 豪州 欧州」であって

中国が抜け落ちていることに 何も違和感をもたなかったのか


談話を好意的に受け止めた人が多かったため

内閣支持率も少し回復した


共同通信社 43.2%(前回37.7%)

産経新聞社 43.1%(前回39.3%)

読売新聞社 45%(前回43%)

朝日新聞社 38%(前回37%)


いまごろ安倍くん 国民を騙すなんて簡単だよと にんまりしているだろう

談話に関しては 先日 出来の悪い学生のリポートと評価したが

考えて見ると 学生のリポートも A評価は 全体の1割未満

3割以上は いつも不合格 この学力格差は 年々開くばかりだ

それを考えたら 世論調査の結果も妥当なものか


戦争を引き金を引くのは支配者だけれど

それを許すのは いつの時代も どこの国でも 国民だ

だから危機感をもって 国民の知的レベルを上げなければ

大変なことになる しかし これが一番 難しい




多摩川花火大会 2015




ところで話題はがらりとかわるが 2017年度の大河は

戦国の女領主 井伊直虎を柴咲コウが演じるという

知名度は低いが 目の付け所といい

主役を気の強そうな柴咲コウにしたところは 期待度大

戦国ものが連続するが 久々のヒット作になる予感

監修は また小和田さんかな

これから浜名湖の北側は にぎわいそうだ




Nikon
2015.8.22.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2015/08/25(火) 17:08:26|
  2. 戦争を語り継ぐ
  3. | コメント:2
<<多摩川花火大会 2015 03 | ホーム | 多摩川花火大会 2015 02>>

コメント

どうして?

どうして、こうも簡単に術中に嵌まるのか、不思議です。
それだけ、国民の国語力が落ちているのでしょうかね。口先だけ、その場しのぎの国会答弁、そして取り繕った談話。
平和に関しては、無関心でも経済に関してはシビアな日本国民。
アベノミクスが行き詰ったほうが、厳しい審判が下されるのではと、淡い期待を持つ次第です。
  1. 2015/08/25(火) 20:51:00 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

内閣の支持率が急落するなか、嫌々ながら文面を修正して発表した談話までもが国民に評価されなかったら、安倍にとっては相当なダメージになったはずですが、息を吹き返してしまいましたね。
それがどのような結果をもたらすのか、国民はどれだけわかっているのでしょうか。
もちろん談話が評価に値するものであったならば、たとえ安倍の談話であったとしても「良し」としなければなりませんが、中身がないのですから、困ったものです。
ブログの本文には語弊があると思い、強くは書きませんでしたが、こうも簡単に術中にはまる国民は、「バカ」だと思います。
おそらく、談話のどこが問題なのかすら、きちんと理解できていないのでしょう。
せめてもの救いは、御用新聞の産経は論外として、同じ御用新聞の読売が5割に達しなかったことでしょうか。

ちなみにアベノミクスの行方に国民が敏感なのは、それが、いまの生活にストレートに結びついてくるからだと思います。
これに対し、戦争法案は、たとえそれが成立しても、すぐに戦争が始まるわけではないし、戦死するのは自衛隊員であって自分たちではないという安心感がどこかにあるのでしょう。
このため、法案を阻止するには、なんとしても安倍政権を打倒するしかないという発想には、至らないようです。
しかし、戦争は突然起きるわけではなく、じわりじわりとその起爆点は近づいてきます。
それに気がついた時には、もう遅いのですが。
もっともその前に、アベノミクスが失速するかもしれません。
経済のダメージも困りますが、戦争ができる国になるよりは、まだましです。これに期待です。
  1. 2015/08/26(水) 00:02:35 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する