光と風のなかへ

追憶の鉄路 亀岡のシゴナナ






フィルムのカメラは ほんの少しの光漏れで写真がダメになった

しかも現像するまで わからないから やっかいだ

ルンルン気分で写真屋に行き 現像からあがってきたポジを見て

光線引きの跡を見つけた時は 全身から力が抜けていく

そんな光洩れの写真を 前回は紹介したが

実は同じような写真がまだある

光が洩れるカメラで続けて撮影をすれば

同じ症状が何度でも出そうだが

微妙な洩れだと 大丈夫なときもある

つぎの一枚は 保津峡で蒸気を撮影したあと

山陰本線の亀岡の築堤で夕方の列車を狙ったカット

この日はC57の4次形トップナンバー190号機が勢いよく登ってきた

おそらく1827レではないかと思うが 光洩れは起きてはいない




蒸気機関車 山陰本線




このあとの客レも撮ろうと 夕闇迫る築堤で汽車を待つ

やがてC57が今度はライトをつけて登ってきた

ところが このカットは見事に光洩れだ




蒸気機関車 山陰本線




あとでねじ穴からの光洩れだとわかり 修理して塞いだが

現像するまではわからないのが フィルムの怖さ

それでもカメラを落とした瞬間に裏蓋が開いてしまい

ほとんどの写真がパアーになった時のショックと比べれば

まだこのときは写っていただけ ラッキーというべきか

いまなら光漏れもソフトで綺麗に処理することもできるが 

最近は 光漏れをあえて擬似的に再現するアプリまであるという

デジタル写真を加工するだけだから 何度でもやり直しはきくが

光漏れをあえて楽しむとは 昔の人間からみると もうびっくりだ



【追記】

梅小路を遊び場にされていた枯れ鉄さんからご教示いただき 1枚目の列車番号を修正しました
2枚目は843レとしましたが DD54牽引の可能性が高いので こちらは客レと改めました
枯れ鉄さん 古い記憶を呼び戻していただき ありがとうございました




山陰本線 亀岡
MINOLTA35Ⅱ+50ミリ F2.8
1970年(昭和45)8月24日

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/03(木) 23:38:59|
  2. 追憶の鉄路 C57
  3. | コメント:2
<<夏の終わり | ホーム | 追憶の鉄路 保津峡のシゴナナ>>

コメント

記憶の悩ましさ

細かい所に突っ込みを入れるつもりは毛頭ないことを最初にお断りしておきます。
園部行きの列車番号は1820台だったように思いますので、190号機が牽引しているのは、恐らく1827レかと。
ただ、その後の843レが悩ましいところ。
これらを撮影されたのは、DD54の不調で、余剰のC57が梅小路に集結していた頃でしょうか。
枯れ鉄の記憶では、この頃の梅小路の運用は園部3往復?と日中の923レと84?レで帰ってくる運用しかなかったように記憶しています。
843レがC57なら、DD54振替だったのではないのかなと思い悩んでおります。
40年を超えた記憶は、あいまいですから何ともです(笑)
  1. 2015/09/04(金) 23:19:43 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

このときの撮影記録がどこかにいってしまったため、列車番号は、「鉄道ファン」増刊号についていた山陰本線のダイヤ(昭和44年10月1日)を参照して記載しました。
ご指摘をもとに、改めてルーペを使って確認したら、たしかに827レは、1827レ!
千の単位の1が小さくて、見えませんでした(泣)。老眼、困ったものです。
それにしても、さすが枯れ鉄さん、ご記憶が明瞭で、素晴らしい!

つづく843レに関しては、まったく自信がありません。
「鉄道ファン」のダイヤにも、実は(C57)の記載がなかったので、違うかなあと思ったのですが、1827レに続いて撮影したのは確かなこと。しかも時刻は、暗くなりかけたころ。
また、ポジのナンバーを見る限りでは、DD54を撮影していません。
ただ、「鉄道ファン」のダイヤは、18時までしか記載されていないので、あるいはこのつぎの客レ(京都を17時40分頃に発車する客レ。列車番号の記載部分がカットされていますが、1829レ?)なのかもしれません。
撮影は8月24日ですから、時間的には、こちらのほうが良いかもしれません。

ちなみにこのダイヤを見ると、たしかに朝、園部を出るC57牽引の客レは、1822レ、1824レ、1828レの3本があり、これが夕方以降の園部行きを担当したのでしょう。
これも枯れ鉄さんのご記憶通りでして、このころ枯れ鉄さんが山陰本線に貼り付いて写真を撮られていた様子が目に浮かびます。
早速、ブログの記事を訂正しておきます。
情報ありがとうございました。また何かありましたら、ぜひご教示ください。

しかし、保津峡のシゴナナといい、亀岡のシゴナナといい、光線引きは、とてもショックでした。
とくに保津峡は、いま思い出しても、悔しい思いがいっぱいです(泣)
  1. 2015/09/05(土) 00:06:02 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する