光と風のなかへ & 追憶の鉄路

安倍政権 みんなで倒そう!






特別委員会での与党の行為は許さない!

法案の中身はもちろんだが 手続きにも大きな瑕疵がある

「発言する者多く、議場騒然、聴取不能」

速記録には この言葉しか記されていないからだ

ここは極めて重要な問題点だ


参議院規則136条1項はこう定めている

「議長は、表決を採ろうとするときは、表決に付する問題を宣告する。」

しかし 宣告されたことは 速記録にはどこにも記されていない

宣告が行われていなければ 委員会は開かれていないことになる

当然 その場でおこなわれたとされる「採決」も無効だ


また参議院規則137条1項は こうも定める

「議長は、表決を採ろうとするときは、問題を可とする者を起立させ、

その起立者の多少を認定して、その可否の結果を宣告する。」

映像を見れば一目瞭然だが そんなことはおこなわれてはいない


さらに言えば 地方公聴会の報告もされていないため 議事録にも記載されていない

これでは何のための地方公聴会だったのか

議事録に記載されないということは 記録に残らない ということだ


法案も違憲なら その手続きにも大きな瑕疵がある

そんな法案を採決しようというのか それを認めたら これから何でもありだ

それを強く抗議するために 今日も国会前に向かう


しかし 天までが 安倍晋三に味方するのか

日中から激しい雨が降り続き 夕方になって小降りになるも なお止まない

それでも きょうもたくさんの人々が 国会を包囲した

動員された人々ではない 戦争法案に反対するために自主的に集まった人たちだ

そんななか 警察はきょうもカマボコで道路を封鎖し 市民を歩道に押し込んだ




戦争法案に反対する国会前抗議行動




このため歩道がすし詰め状態となり 国会前に向かう横断まで規制がかかる




戦争法案に反対する国会前抗議行動




なんでも憲政記念館側に開放ブースを設営するまで

横断は待って欲しいとのことだが 渡らせろ!の怒号が飛び交う

ただ 現場の警察官にくってかかるのは やめよう!

彼らも仕事だ しかも彼らには封鎖を解く権限もない





戦争法案に反対する国会前抗議行動




しかし 道路を封鎖しているカマボコをどければ 混乱は起きない

大混雑で危険が増しているというが それを引き起こしているのは警視庁だ

官邸から指示が出ているのだろうが こんな過剰警備はやめるべきだ




戦争法案に反対する国会前抗議行動




その後 しばらく待たされて ようやく横断の許可が出る




戦争法案に反対する国会前抗議行動




しかし 横断してからも 過剰な警備は続く

警察官の数も昨夜に増して増えている




戦争法案に反対する国会前抗議行動




ただ 昨夜よりも早く 歩道側の道路が開放された

ところが鉄柵はそのままなので 歩道側からは広がれない




戦争法案に反対する国会前抗議行動




しかも 警察官たちがカマボコの前にずらりと並び

昨夜にはなかった鉄柵まで設けられている

その前を歩いて国会をめざす




戦争法案に反対する国会前抗議行動




うしろからもたくさんの人たちがついてくる




戦争法案に反対する国会前抗議行動




このため空間が みるみるうちに埋まっていく




戦争法案に反対する国会前抗議行動




今夜は主催者が配られたペンライトも 広く行き渡ったようだ




戦争法案に反対する国会前抗議行動




ところが 一時 小雨になっていた雨脚が 急に強くなってきた 

それでもみんな 「戦争法案 絶対反対」を叫び続ける




戦争法案に反対する国会前抗議行動




安倍晋三が 国民に丁寧に説明すると言うのなら

雨に打たれながらも 国会を取り巻くたくさんの人々の前に出てきて説明せよ!

司法に携わるほとんどの人たちが違憲と主張する声をしっかりと聞け!




戦争法案に反対する国会前抗議行動




バリケードの内側は 何事もないように暗く 静まりかえっているが

その両側には たくさんの人たちの「廃案」の声が渦巻いていることを忘れるな!


戦争法案 みんなでつぶそう!

安倍政権 みんなで倒そう!

賛成議員 みんなで落選させよう!


 



Nikon
2015.9.17.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/18(金) 03:53:59|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0
<<闘いは ここからはじまる! | ホーム | 戦争法案 みんなでつぶそう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する