光と風のなかへ & 追憶の鉄路

案山子






元気でいるか 街にはなれたか 友達できたか

寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る

さだまさし 案山子



 

案山子 県立茅ヶ崎里山公園

案山子 県立茅ヶ崎里山公園

案山子 県立茅ヶ崎里山公園




Nikon
神奈川県立茅ヶ崎里山公園
2015.9.20.撮影

関連記事

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2015/10/14(水) 00:31:16|
  2. お散歩カメラ
  3. | コメント:2
<<追憶の鉄路 南国のC11 | ホーム | 父を見送った日>>

コメント

いい歌詞ですよね

自分を想ってくれた母の心情を感じた詩です。
男児ができて、つくづく、詩の重みを感じました。
  1. 2015/10/14(水) 22:27:54 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

くろくまさんへ

くろくまさん、コメントありがとうございます (^^)

さだまさしの「案山子」、これ、いい曲ですよね。大好きです。
とくに、「お前も都会の雪景色の中で 丁度 あの案山子の様に 寂しい思いしてはいないか 体をこわしてはいないか」のフレーズに、親の子に寄せる想いが感じられて、心に響きます。
男の子は、親に心配ばかりかけさせているのに、本人は、それに気がついていない。
母にも、よく「連絡がないのが、元気な証拠」と言って、音沙汰なしなんて時もありましたが、親の気持ちは、この歌詞の通りなんですよね。
このため、最近は頻繁に顔を見せに行っています。

ちなみに「案山子」には、「山の麓 煙吐いて列車が走る」という歌詞も出てきますが、ここ、DCや電車では、情景がうかんでこないんですよね。
やっぱり汽車じゃなくちゃね。
なお、今日は、鐵道記念日(鐵道の日)といことで、好例の蒸気写真を用意するはずでしたが、先週、忌引きで休んだぶん、仕事がたまって、きがついたら日を越えてしまいました。
しかたなく、今年は、来年まで、持ち越し、ということにしておきます。

  1. 2015/10/15(木) 01:01:47 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する