光と風のなかへ & 追憶の鉄路

追憶の鉄路 押し上げる補機 冬の常紋






冬の常紋 そこはカマにとっても

機関士たちにとっても 熾烈な闘いの場だった

そんなカマを求めて海を渡った多くの少年たちがいた

外気温はマイナス20℃の世界

それでもぼくらの心はとても熱かった

あれから45年 常紋で出会った仲間たちは

いまはどうしているのだろうか




蒸気機関車 石北本線




石北本線 常紋信号所
1970年(昭和45)12月28日

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/21(月) 01:15:26|
  2. 追憶の鉄路 9600
  3. | コメント:0
<<動輪クリスマスツリーと101人の妖精たち | ホーム | 新型機材の噂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する