光と風のなかへ & 追憶の鉄路

動輪クリスマスツリーと101人の妖精たち






東京駅には開業時から住み着いている妖精たちがいる

1年に1人ずつ誕生して今年で101人

クリスマスシーズンは誰もいなくなった深夜の東京駅で

サンタクロースの格好になって遊び回っているらしい

そんな妖精たちに会いたくて 東京駅へ




動輪クリスマスツリーと101人の妖精




深夜にはまだ早かったが もう遊んでいたよ




動輪クリスマスツリーと101人の妖精

動輪クリスマスツリーと101人の妖精




帽子のところの数値は 彼らが生まれた年




動輪クリスマスツリーと101人の妖精

動輪クリスマスツリーと101人の妖精




遊び場になっている「動輪クリスマスツリー」は

開業当時に乗り入れていた蒸気機関車の動輪を復元したものだとか




動輪クリスマスツリーと101人の妖精




モデルとなった機関車は いまは隠退して青梅鉄道公園で暮らしている




動輪クリスマスツリーと101人の妖精




これがその9600型蒸気機関車 9608号 ぼくの好きなキューロクだ




青梅鉄道公園 9600




動輪クリスマスツリーと101人の妖精に会えるのは12月25日まで




動輪クリスマスツリーと101人の妖精




次回は ほかの妖精たちも紹介しよう




Nikon
東京駅 2015.12.8.撮影
青梅鉄道公園 2007.4.5.撮影

関連記事

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2015/12/22(火) 01:12:40|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:0
<<東京駅に住みついた妖精たち 01 | ホーム | 追憶の鉄路 押し上げる補機 冬の常紋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する