光と風のなかへ & 追憶の鉄路

日枝の神猿






今年は 申年

猿といえば 山王権現の使い

となれば 今年はここがはずせない 日枝神社!




丸子山王日枝神社




さすがに近江の大社までは お詣りに行けないので

多摩川のほとりに鎮座する 丸子山王日枝神社へ  




丸子山王日枝神社




おめあては参道の両脇にいらっしゃる「神猿」(まさる)さん




丸子山王日枝神社




「神猿」の名前は 「魔が去る」「勝る」に通じるようにつけられたもので

厄除けなどにご利益があるとされる 縁起のよいお猿さんだ




丸子山王日枝神社




今年は主役とあって いつもはない賽銭箱まで用意されていた




丸子山王日枝神社




この猿と対になるのが 反対側にいる母と子のお猿さん

猿は繁殖力にすぐれ また分娩の軽さやなどから

夫婦円満 子授けや安産にご利益があるとされている

こちらにも今年はしっかりと 賽銭箱が用意されていた




丸子山王日枝神社




そんななか ふと目にとまった 前厄 本厄 後厄を記した「厄年表」

昨年は全く気がつかなかったが なんと厄年だったんだ!




丸子山王日枝神社




災いがないよう 厄除けに通じるお猿さんのお守りを授与していただき

今年は カバンに入れて 常に持ち歩くことにしよう

もちろん 神猿さんにも お賽銭をさしあげて お祈りしてきましたよ




Nikon
丸子山王日枝神社
2016.1.3.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/05(火) 00:58:25|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:2
<<バブルの塔 | ホーム | 花びら餅>>

コメント

まこべえさん、こんばんは。 今年もよろしくお願いします。

神猿の親子の写真、ほほえましいですね。
子供のお猿さんは男の子かな?
狛犬さんではない、こういった像もいいですね。
近江の日枝神社もこのような像があるのですか?
  1. 2016/01/05(火) 21:30:31 |
  2. URL |
  3. 庵 #-
  4. [ 編集 ]

庵ちゃんへ

庵ちゃん、あけましておめでとうございます。

神猿さんの小猿さん、袋がついているので、男の子だと思います(^^)
狛犬も、ここにはいるのですが、今年は、やっぱり神猿さんが主役ですね。
近江坂本の日吉神社には、こうした石像の神猿さんはいなかったと思いますが、そのかわり、昔から本物のお猿さんが飼われていて、そのすみかを「神猿舎」といいます。
今年は、きっと人気者になっていることでしょう。
また、西本宮の楼門の軒下にも隠れていますから、いつかお詣りに出かけられた時は、探してみてください。

わたせせいぞう電車、かなり長く走っているようなので、上洛ついでに時間があったら、乗りに行ってみようと思います。問題は走行時間かな。

今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2016/01/06(水) 00:38:48 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する