光と風のなかへ

新宿裏通り






28階から500ミリで新宿の裏通りを撮る




新宿




ガラス越しなので やや解像力に欠けるが

それでも肉眼なら点にしか見えない人が

拡大すれば顔まで判別できる

やっぱりいいね このレンズ



Nikon Df + AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
新宿西口
2016.1.5.撮影

関連記事

テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

  1. 2016/01/09(土) 23:32:14|
  2. お散歩カメラ
  3. | コメント:2
<<東京の空 | ホーム | バブルの塔>>

コメント

500mm

200-500mmを入手されましたか。
長いレンズは魅力的ですね。
列車を圧縮して撮ると、迫力が増すので好きですね。
VRの効果で感度調整をうまくすれば、手持ちでもそこそこ使え、便利な時代になりました。
EXPEED 5搭載のD5は高嶺の花ですが、D500は魅力的。連写速度も向上して欲しいところですが、単身生活でないので、身動きがとり辛いです(笑)。
  1. 2016/01/14(木) 21:08:51 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

200-500mm、実は、いまだ検討中なのです。
このため先日都庁の帰り道に、新宿エルタワー28階にあるNikonのショールームに行き、しばらく借り出して撮影したものが、この写真になります。
手ぶれ補正がよく効き、ISO800まであげれば、手持ちでも振り回すことができますが、そこは巨砲、20~30分もすると、左手が疲れてきます。
それでも、開放から撮れる、なかなか良いレンズで、AFが迷うときもあるのですが、実物を手にしていると、だんだん欲しくなってしまいます。
とくに長い貨物や新幹線を狙うときに、力を発揮しそうです。

まもなく発売されるD500も、丸形ファインダーで魅力的ですね。
連写も、10コマ/秒ですから、不足はないでしょう。
しかもD500に、このレンズをつけて、X1.3×クロップに設定すれば、約1000ミリになりますから、より望遠効果を楽しめますね。
ただ、今年はNikonをはじめ、各社から新製品が続々と出てくるので、しばらくは様子見でしょうか。
  1. 2016/01/15(金) 00:48:11 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する