光と風のなかへ & 追憶の鉄路

江ノ電が走る街






江ノ島電鉄



Nikon
江ノ島電鉄
2016.1.16.撮影


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/01/24(日) 00:28:31|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:2
<<トビが舞う海 | ホーム | インフルエンザ>>

コメント

江の電大好きです。
周りの風景のせいかもしれませんね。
海が広がっていたり、なんとなくのんびりした風景の江の電沿線。
江の電に乗る時はどの車両が来るのかなぁ.....と
ホームで楽しみです。
子どもが小さい頃はタンコロまつりも行きました。
懐かしいです。
江の電沿線に住むのもいいなぁ〜と思います。
無理ですけど.....。
  1. 2016/01/24(日) 23:07:41 |
  2. URL |
  3. エリー #-
  4. [ 編集 ]

エリーさんへ

エリーさん、コメントありがとうございます (^^)

江ノ電は、鉄道ファンに限らず、人気がありますね。
70年代の前半は、赤字路線で廃線の危機すらあった鉄道ですが、ドラマ「俺たちの朝」で人気が沸騰し、いまでは鎌倉に欠かせない存在になりました。
ただ、小型車両でしか走行できないため、観光客の増加に追いつかず、休日はいつも大混雑。
沿線のかたにとっては、ちょっと困りものだと思います。
このため、沿線に住むには、見た目ほど良いとは思いませんが、朝夕、輝く海をながめながらの通勤は、気持ち良いでしょうね。
最近は、台湾の鉄道と提携したこともあって、台湾からの観光客も多くなってきました。
春には、新しい段葛も完成の予定です。
また、お子さんたちと一緒に、ぜひ江ノ電に乗りにいらしてください♪
  1. 2016/01/25(月) 17:33:54 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する