光と風のなかへ

追憶の鉄路 冬の常紋






蒸気を追いかけていた中学時代

もう少し良い機材があったなら

もう少し撮影技術があったなら

もう少し現像がうまかったなら

もっと綺麗に彼らの勇姿を残せただろう

デジタル時代のちびっこファンが羨ましい

されど本物の蒸気に出会えたこと それが何よりの宝物か




蒸気機関車 石北本線




minolta
石北本線 常紋信号所
1970年(昭和45)12月28日 撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/11(木) 21:16:52|
  2. 追憶の鉄路 D51
  3. | コメント:0
<<鎌倉のトビ 01 | ホーム | 逢魔が時>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する