光と風のなかへ & 追憶の鉄路

山北に響く汽笛






「鉄道の町」としてさかえた御殿場線の山北(やまきた)

ここはかつて箱根越えをする機関車たちの重要な基地だった

その駅の南側に静かに余生を送るD52の70号機がいる

とても大切に保存され ロッドも磨かれていた

このため山北町は昨年 「D52奇跡の復活事業」を決定

そして 3月18日 わずか9mほどの距離とはいえ

長い眠りから目覚めて デゴニが動いたという

半世紀ぶりに山北に響いたデゴニの汽笛

これから安全対策などの整備を進め

10月14日に復活披露というから とても楽しみだ 






Ichirou ISHIDAさん撮影 13秒目から響く長い汽笛に超感動



御殿場線のデゴニは 1968年に電化されてしまったため

70号機も 御殿場に保存されている72号機にも

現役時代に会いに行くことはかなわなかった

このため仲間たちがいた北海道には 何度も会いに行った




蒸気機関車 函館本線




長い貨物を牽いて地響きをたてて走るデゴニは

蒸気機関車のなかでも最強の力持ちだ




蒸気機関車 函館本線




そんな彼らの動く姿にまた会える

圧縮空気による復活運転とはいえ 秋が待ち遠しい




蒸気機関車 函館本線




函館本線 大沼~仁山
1971年(昭和46)8月8日
Canon FT TRI-X

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/20(日) 13:53:01|
  2. 追憶の鉄路 D52
  3. | コメント:0
<<追憶の鉄路 日南線撮影記 | ホーム | ねこやなぎ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する