光と風のなかへ & 追憶の鉄路

中央東線の春 03






中央本線 E257系



Nikon
E257系
中央東線 新府~穴山
2016.4.15.撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/26(火) 21:00:30|
  2. 鉄道のある風景
  3. | コメント:2
<<訃報 | ホーム | ポートレート>>

コメント

新府礼賛

まこべえさん、こんばんは。

PCなしの旅に出ていたもので、新府のシリーズをやられていたとは知りませんでした。
日頃の行いが良いのでしょうか。好い天気の時に行かれましたね。桃の花も多いです。
ここは、観光客や絵描さんなどもやって来るようになったので、ちょっとした花見スポットです。
まこべえさんの立ち位置は、斜面が焼畑になっている桃畑の縁辺りでしょうか。
この丘の農園主は小道を挟んでお二人在られますが、ご両人とも快く撮らせてくれるので有難いです。
ただ、この辺りの桃は老木になったので更新中の木が多く、少し不揃いなのが残念です。
新府城跡からの八ヶ岳の画もありますね。この堀跡からの鳳凰三山も素晴らしいですよ。
来年来られる時は、声を掛けてくださいまし。
  1. 2016/04/29(金) 01:57:35 |
  2. URL |
  3. こあらま #fdW6N8yo
  4. [ 編集 ]

こあらまさんへ

こあらまさん、コメントありがとうございます (^^)

今回は、鉄道写真ではなく、整備事業を終えた新府城で確認したかったことがあったので、桃の花を見たいという我が家の奥さまを連れてて、ちょこっと桃源郷まで出かけてみました。
とはいえ、桃畑に青空、しかも「あずさ」の通過時刻とあっては、城に直行するわけにもいかず、お察しの通り、桃畑の縁のところから狙ってみました。
運良く畑の持ち主さんが花摘み作業をされていたので、お越えがけして入れていただきましたが、さすがに撮影の名所だけあって、平日にもかかわらず、まわりは鉄ばかり。10名ほどはいたでしょうか。
鉄のほかにも、スケッチをされているかたや、お昼を広げているかたもいらして、おっしゃるように人気のお花見スポットになっているようですね。
肝心の鉄写真の出来といえば、左側の菜の花をもう少し画面に入れたかったのですが、ここにも数人の鉄やカメラをかまえた観光客のかたがいたため、やむなくカット。この時期は、仕方がないですね。
来年も出陣できたら、ぜひ、お声がけさせていただきます(^^)
ただ、お天気を見ながら、前日に決定しているので、こあらまさん、お時間とれるかな。

ところで、しばらくお出かけとのことで、新幹線に乗車して北海道かと思っていたら、西日本だったとは。
懐かしい芸備線の名前まであって、成果の発表が楽しみです♪
  1. 2016/04/30(土) 00:44:30 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する