光と風のなかへ & 追憶の鉄路

訃報






学生時代からいろいろと目をかけてくれた先輩が急死した

先々月に電話した時はかわりなかったが まさかの訃報

言葉にあらわせないほどの衝撃と悲しみ

チャンスはやるから あとはおまえさん次第だ

そう言って 何度も活躍の場を与えてくれた良き先輩だった

それなくして いまの自分の地位はなかっただろう

その大恩を返すこともできないほどの早すぎる死

たいへんな重職にからだが堪えられなかったのだろうか

いまごろは ふるさとの山にかえって やすらいでいることだろう

長きにわたる数々の大恩 ありがとうございました

むかし何度もおごってくれたお刺身 おいしかったです

もういちど 一緒に食べたかったかったな




新府城本丸から八ヶ岳




合掌




関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/28(木) 02:35:29|
  2. カメラ日記