光と風のなかへ

万事 倹約を守れ






小田原の北条氏といえば

日本有数の戦国大名として知られる


その発展の基礎を築いた北条氏綱は

天文10年(1541)5月21日

子供たちに対し 守るべき教えを書き残した

そのなかに こんな一文がある


万事 倹約を守るべし 華麗を好む時は下民を貪らざれば出る所なし

倹約を守る時は下民を痛めず 侍中より地下人・百姓迄も富貴也

国中富貴なる時は 大将の鉾先つよくして合戦勝利疑ひなし

 (『宇留島文書』)


支配者たるもの 万事にわたって倹約せよ

派手な暮らしは 民から税を貪ることになる

倹約を守れば 民を痛めず みな豊かになる

豊かになれば 軍隊も強くなり 合戦の勝利は疑いない


戦いの時代に生きた氏綱ゆえに その狙いは富国強兵だが

支配者としてのあるべき姿を語る




東京都庁




舛添さん そして多くの政治家たちに聞かせてやりたい 

                    


FUJIFILM X20
東京都庁
2016.1.5.撮影

関連記事

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/08(水) 01:56:30|
  2. カメラ日記
  3. | コメント:0
<<すきやき | ホーム | 困った人々>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する