光と風のなかへ

カラーでよみがえる蒸気の時代 01






これまでモノクロ写真をカラー化するには 熟練のワザが必要だった

それが早稲田大学の開発した人工知能の技術を使うと

なんと 誰でも簡単にカラー化できるという

それが本当なら 10代の頃に見た風景が カラーでよみがえる

tameraさんや枯れ鉄さんも紹介していたので さっそく試してみた

http://attech.info/news-colorization/



蒸気機関車 後藤寺線の9600

蒸気機関車 田川線の9600

蒸気機関車 幌内線の9600




カラー写真というよりも 明治の着色写真に近いものあるが

ネガの調子がよければ 比較的きれいにカラーを再現できる




蒸気機関車 北海道炭礦汽船真谷地炭鉱専用鉄道の9600




ただ全体的には開発途中なのだろう

部分的に赤や黄色に変換されてしまうことも多く

自然な色あいを再現するには もう少し時間がかかりそうだ




蒸気機関車 八高線の9600

蒸気機関車 幌内線の9600

蒸気機関車 名寄本線の9600

蒸気機関車 伊田線の9600




それでもこの写真を元にフォトショップでレタッチすれば

比較的手軽にカラー写真にして楽しめるかもしれない




蒸気機関車 田川線の9600




それにしても 40年以上も昔の風景が カラーでよみがえるとは

なんとも すごい時代になったものだ

これから少しずつ試してみるかな




9600
名寄本線 幌内線
八高線
後藤寺線 田川線 伊田線
1969年~1974年 撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/27(月) 00:13:40|
  2. 追憶の鉄路 9600
  3. | コメント:8
<<カラーでよみがえる蒸気の時代 02 | ホーム | 勧進帳>>

コメント

試したくなる・・・

試したくなりますよね(笑)
まだまだ発展途上で、写真によるというところが商品化されていない理由でしょうね。
蒸機は少々赤っぽくなってもウェザリングのような感じなので、比較的巧くカラー化できると思います。
ただ、京都の市電は赤っぽくというより、一部が赤に発色してしまい使い物になりませんでした。
でも、時間をかけて、適正のあるのだけでもカラー化できれば、45年前が蘇り、凄いことだと思います。
  1. 2016/06/27(月) 20:37:51 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

こりゃ凄い!

早速試してみましたが、これは快挙です。
アーカイブスをカラー化して楽しみたいと思います。
  1. 2016/06/27(月) 21:27:46 |
  2. URL |
  3. くろくま #uRLT.2RM
  4. [ 編集 ]

これはビックリ!

またまた、面白いアイテムを探してこられましたね。
細かく見ていくと、おかしなところところだらけですが、不思議と全体的にはそれらしく見えます。
草木が枯れているのか、青々しているのかを区別するのは難しそうです。ちょっと季節が変わるかもしれません。
これは以前の「特別篇」のカラー化ですよね。点数が減っているのは、他のはボツということですか。
この調子で行くと、あと数年もすれば、相当な成功率になりようですね。
変色したカラーネガに色を付け直すなんて日がやってきそうです。
tameraさんのも枯れ鉄さんのも拝見しましたが、結構面白そうなので小生も試してみたくなりました。
  1. 2016/06/28(火) 01:38:14 |
  2. URL |
  3. こあらま #OKAlKS9E
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

なかなか面白いソフトですよね。
ただ、改良の余地は多々あるようで、蒸気も、時に赤さびた感じになってしまったり、白煙や雪原が赤や黄色のまだらになったりと、ネガによっては、きれいに変換できないものも少なくないようです。
それでも、時間をかけて、レタッチで追いこんでいけば、もう少し綺麗に仕上げられそうです。
しかし、すごいと時代になったものですね。
モノクロと違って、カラーは、リアルさが違うので、これからさまざま蒸気の写真を試してみようと思います。
  1. 2016/06/28(火) 22:22:14 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

こりゃ驚き

いやいや、試してみたらなかなかのものですね。
ご紹介ありがとうございます。
  1. 2016/06/28(火) 22:27:51 |
  2. URL |
  3. マイオ #pcU4xDNY
  4. [ 編集 ]

くろくまさん

くろくまさん、お久しぶりです。

このソフト、ネガの状況によって、色の再現にバラツキが見られますが、なかなかのものでしょ。
技術の進歩は、ここまできたのですね。
くろくまさんのレタッチ技術をもってすれば、かなり綺麗な色合いに再現できると思います。
ぜひ、アーカイブスをカラー化して、ブログで紹介してください。

ところで、体調はいかがですか。お酒、少しひかえていますか。
あまり無理をせず、からだをいたわってあげてくださいね。


  1. 2016/06/29(水) 00:37:26 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

こあらまさんへ

こあらまさん、コメントありがとうございます (^^)

このソフト、ネガとの相性が良いと、そこそこの再現力をもっているようです。
しかも、無料で、簡単に試せるというのが、大きな魅力です。
ただ、赤や黄にふれる傾向が強く、蒸気が赤さびのついた廃車状態になったり、旧客の青が茶に変換されたり、雪原に黄色のまだらができたりするなど、まだまだ改良すべき点は山積みのようです。
掲載した写真でも、下から2枚目の伊田線のキューロクの煙が、ところどころ黄色くなってしまいました。
ただ、「特別編」に収録した写真のうち、今回未掲載となった写真も、すべてがボツというわけではなく、ほんの少しフォトショップで修正すれば、ある程度は見られるようになります。
このため、さらに細かく追い込んでいけば、綺麗な写真に仕上げることも不可能ではないでしょう。
これを応用すれば、変色したカラーネガの色を付け直すことも、簡単にできるようになりますね
いずれきちんとした製品版が販売されるでしょうから、それまでは、この簡易版で、遊んでみたいと思います。
それにしても、すごい時代になったものです。
  1. 2016/06/29(水) 01:04:30 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

マイオさんへ

マイオさん、コメントありがとうございます (^^)

マイオさんも、早速試してみましたか。
このソフト、意外と利用価値高いでしょ。
モノクロには、モノクロの良さがありますが、現役蒸気の時代は、お金がなくてトライXをつめていたようなものなので、カラー化は、ぜひすべてのネガで試してみたいですね。
このソフトがあれば、しばらくは遊べそうです(^^)
  1. 2016/06/29(水) 01:11:45 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する