光と風のなかへ

カラーでよみがえる蒸気の時代 11






今年は「ニセコ」が伝説になってから45年

いまも雪の峠道を地響きを立てて驀進する姿と

山々に響き渡るジェット音は忘れられない

おそらく本物の「ニセコ」に出会えた世代と

残念ながら間に合わなかった世代とでは

蒸気機関車に対するイメージはかなり違うだろう

それほど冬の「ニセコ」は素晴らしかった

なかでも20‰の急勾配と急カーブが連続する上目名を行く

103レの力闘は もはや言葉ではあらわせない

上目名の通過は17:27 早春だと ぎりぎり撮影できる時間帯だ

それだけに空気は凛とし ドラフトが響き渡る

わが青春のすべてをかけて追いかけた「ニセコ」

その勇姿が いま一度 魔法のソフトでよみがえる




蒸気機関車 函館本線




それだけではない FC2動画で 竹島紀元の不朽の名作『雪の行路』を発見

2両の大型蒸気C62が雪の峠道を爆走する姿をいまに伝える貴重な映像だ

http://video.fc2.com/content/20160715mnzmAzdv/&otag=1&tk=TmpVeU5qTTFNelk9&start=608.174
竹島紀元 『雪の行路』

残念ながら投稿は一部だけで いずれ削除されてしまうだろうが

「ニセコ」を知らない世代のかたには ぜひ視聴してほしい

「ニセコ」を知るものには もう涙ものだ

「ニセコ」が伝説となって45年

ぜひ DVDで再版してほしい




函館本線 急行「ニセコ」3号 103レ
1971(昭和46)3.25.
Canon FT TRI-X

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/18(月) 03:04:10|
  2. 追憶の鉄路 C62
  3. | コメント:0
<<カラーでよみがえる蒸気の時代 12 | ホーム | おめでとう 沙絵! 世界のトップをめざせ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する