光と風のなかへ & 追憶の鉄路

2号機 再会!






京都鉄道博物館 C62




京都鉄道博物館
2016.7.22.撮影

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/24(日) 21:44:20|
  2. 追憶の鉄路 C62
  3. | コメント:2
<<わが青春の「スワローエンジェル」 | ホーム | カラーでよみがえる蒸気の時代 14>>

コメント

再会ですね

時間があれば、まこべえさんに合せて鉄博に行こうかと思いましたが、広島更新色重連に靡いてしまいました。
夏休み中で来館者が多かったと思いますが、人影なく2号機を撮られてますね。
枯れ鉄は、近くにあるが故に、重い腰が上がりません(笑)
  1. 2016/07/24(日) 22:58:12 |
  2. URL |
  3. 枯れ鉄 #-
  4. [ 編集 ]

枯れ鉄さんへ

枯れ鉄さん、コメントありがとうございます (^^)

再会してきました、2号機! ホントに久しぶりです。
正面顔は綺麗でしたが、ボイラーやキャブ周辺は、だいぶ痛みが出ているようで、ずいぶんと年老いたなあ、という感じです。
まあ、見ているこちらも、還暦をすぎましたから、当然かもしれませんね(汗)

それにしてもこの界隈、すっかり風景がかわってしまい、びっくりです。
平日とはいえ、夏休みにはいった時期なので、混雑を覚悟して行きましたが、これもまたびっくりするぐらいすいていて、拍子抜けしました。
開館まもないというのに、どうしたことでしょう。
猛暑ゆえに外出をひかえたのかもしれませんが、おかげでゆっくりカマたちとの再会を楽しめました。
ただ、2号機は、可動機ゆえか、近くまで立ち入ることができず、残念です。
むかしのように、近くでさわりたかったなあ。

鉄博のほうは、時間の関係でさらっと見ただけでしたが、大宮と違って、西日本の列車が多く、このあたりは地域性が出ていますね。
ただ、ゴハチに再会してくるのを忘れてしまい、また行きます(汗)

それにしても、この日の京都は、うだるような暑さで、そのなかを機関区周辺にいたものだから、もうバテバテでした。
予定では、このあと後祭りの宵々山を楽しもうと思っていたのですが、翌日の仕事に支障が出そうだったので、ホテルに戻り、バタンキューです。
2号機ではありませんが、自分も昔のように無理はきかなくなりました(汗)
  1. 2016/07/24(日) 23:56:14 |
  2. URL |
  3. まこべえ #MeArL09s
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する